雨の日に自転車に乗る場合、どんな雨具が良いのかまとめてみた

雨が多い梅雨の季節に自転車に乗る場合、雨具が必要になってくる。そんな雨具には色々な種類がある。今回は自転車で使える雨具をまとめてみた。

スポンサーリンク

雨具よりも防風性を重視しているヤッケ

雨よりも防風性を重視した物がヤッケ。ホームセンター等で安価に売られている。雨具としての性能は低いが、コンパクトに収納できる。安く購入できるので取り敢えず持っておくには良いだろう。少し高いヤッケは前開きタイプを採用しており、脱ぎやすくなっている。

Amazonでヤッケを探してみる

緩やかに覆える雨具と言えばポンチョ

通常のレインコートよりも、着やすく脱ぎやすい雨具がポンチョ。ポンチョはレインコートとは違い、腕や足は覆わないためどうしても濡れやすい。ただ通気性は良い。

自転車で使用するには注意点がある。強風であおられるた場合、ポンチョは裾が車輪と接触し、巻き込まれる可能性がある。また、風が強いと裾が舞い上がり視界が遮られることがあるので注意が必要。物によっては、通常のよりも長いポンチョも存在する。かご付きの一般自転車に使用するのを想定しているタイプで、カゴまですっぽり入るタイプとなっている。

Amazonでポンチョを探してみる

汎用性が高いレインスーツ

自分がメインで使用しているのがレインスーツ。上下別体式でどちらか一方の使用も可能。ポンチョみたいにバタつかないため、ウインドブレーカーの代用も可能で」自分も、ウインドブレーカーとして併用を行っている。街乗りからアウトドアまで汎用性は高いのが特徴。ポンチョと比べると着たり脱ぐのは難しい。ポンチョよりも構造的に通気性は低いので、防水性や透湿性が高い素材を採用している物もある。勿論そのような素材を採用した商品は必然的に高価となる。

Amazonでレインスーツを探してみる

ドローコートの注意点

多くの雨具にはドローコートが装着されている。ドローコートは垂れ下がりやすいため、引っかかる可能性がある。国民生活センターでは、前かごに入れた収納袋のドローコードが垂れ下がると前輪に接触し前輪ロックや、駆動系に引っかかる可能性があるので注意しよう。

価格だけならヤッケ、短距離重視ならポンチョ、汎用性を求めるのならレインスーツ

レインスーツ・ヤッケ・ポンチョの3つを選ぶのなら、自分は価格だけならヤッケ、短距離重視ならポンチョ、汎用性重視ならレインスーツを選ぶだろう。価格だけを重視するのなら、コンビニで売られているEVA製雨具よりも使えるヤッケが良い。通気性があり脱ぎやすいポンチョは、風でバタつき防風性が低いため、自分なら短距離や街乗り重視で使う。防風性があるレインスーツは、防風目的のヤッケからアウトドア等に使用できるため汎用性がある。メインで使うのなら自分はレインスーツを選ぶだろう。

参考:自転車用レインウェアの運転への影響と安全性について(発表情報)_国民生活センター

スポンサーリンク