車体中心に荷物を積むことが出来るラック ブラックバーン・アウトポストカーゴケージ

競技用ロードバイクやマウンテンバイクなど、荷台を装着できない自転車に荷物を積んだり、できるだけ自転車に荷台を装着しないで荷物を装着するのは難しい。そんな自転車でも荷物を積むことができる部品がある。その中の1つに、ブラックバーン・アウトポストカーゴケージがある。

IMG_20160409_070204

競技用ロードバイクやマウンテンバイクなど、多くのスポーツ自転車にあるボトルケージに、荷物をくくりつけることができるアイデア商品だ。今までのトライアングルバッグと違うのは汎用性の違いがある。

トライアングルバッグは、バッグの大きさにより荷物のサイズが限定される。また、大きいトライアングルバッグだとフレームサイズが小さいや、Yフレームのような特殊なフレームの自転車だと装着できない問題があった。

DSCN8090

アウトポストカーゴケージは、トライアングルバッグとは違い、ボトルケージがある自転車なら、ロードバイクやフルサスMTB、折りたたみ自転車など、幅広い自転車に装着できる。また、荷台なので荷物のサイズが大きくても使える。自分の場合は嵩張りやすい上下の雨具をカーゴケージに括りつけている。これだけを括りつけるだけで、バッグの中は広く、総合的にバッグが軽量になるので効果がある。車体中心部に荷物を積むことができるので、極端な荷重がかからないのも○だ。

IMG_20160409_065355

欠点として上げると、荷物を締め付ける場合のバンドは締めたり緩めたりがワンタッチでできない。そのため飲み物を入れるには適さない。普段は使わない雨具や輪行袋などを括りつけるのにいいだろう。また、荷物を括りつけない時のバンドは、だらんと垂れ下がるため注意が必要だ。

ベルトやボトルケージの装着部が複数あり、多目的に使えるブラックバーン・アウトポストカーゴケージ。ボトルケージが1つ使えなくなるのは欠点だが、それ以上の利点がある商品だ。

スポンサーリンク