普通のサイクリングで使う自転車にはディープリムがついた自転車は選ばないほうが良い理由。

空気抵抗が少ないという理由で、よく見る、リムが高いディープリムのホイールは、レーシーなカッコからか、一部では、レース用のホイールを真似たディープリムの自転車を装着した激安自転車が登場してきた。

ただ自分なら日常利用での自転車で、このような車輪を装着した激安自転車は買わない。理由はホイールの重さと、チューブの入手性があるためだ。

このようなディープリムホイールは、通常のよりも重量が重くなる。そのため高価な物は軽く作ろうと、軽い金属やカーボン素材を採用し軽量に作られている。一方、激安自転車のディープリムは、カッコだけで重いだろう。車輪の重量は自動車やオートバイ、自転車の世界では、走りを軽くするために重視されている。オートバイや自動車の車輪では、走行性能を重視するためアルミやマグネシウムを採用し、軽量な物が存在する。

ホイールが重いと、漕ぐときに余計な重りをつけて漕ぐ。人によっては我慢すればいいというのもいるかもしれないが、ディープリムは、タイヤの中に入っているチューブの入手が難しい問題がある。

スポーツ自転車で採用されている、仏式バルブは複数の長さがあり、短いバルブのほうがチューブの価格は安く、普及率が高いので入手性は高い。一方、ディープリムの場合は、長いバルブが必要となるため、チューブの価格は高く普及率は低い。

これはパンク修理やチューブ交換を行う時に大きな差がある。特に、パンク修理ができない人は自転車店に頼ると思うが、この時に問題になるだろう。

激安自転車でディープリムを採用しているのは、インパクトを重視するためだろうが、有名な自転車ブランドのエントリーモデルは、激安自転車で見る極端なディープリムを採用したクロスバイクやロードバイクは殆どみない。ディープリムを採用した激安自転車を買う場合は、この事を考えるべきだろう。

スポンサーリンク