飛行機輪行から宅配まで幅広く使えるスポンジ入り輪行袋 Ostrich OS-500

スポーツ自転車は前後車輪を外すことができ、オートバイみたいに油を搭載しないため、宅配便で運ぶことができる。

ただ、そのような宅配を行う場合は通常の輪行袋では宅配できない。一般的に宅配を行う場合は、輪行箱などの箱で行うが、箱はスペースを取る問題がある。

どうしても宅配便で運びたい人は、Ostrich OS-500という輪行袋を使うようだ。この輪行袋はスポンジが中に入っていて、衝撃を和らげる効果がある。ただ、サイズが大きいので、通常の輪行は不可だろう。

m_DSC_0026-c156e

オーストリッチOS-500購入:Potter Long:So-netブログから写真を引用。右の通常の輪行袋と比べると折りたたみサイズが大きい。これだけ大きいと輪行袋を常に持って行って旅は出来ないだろう。

Ostrich OS-500は、カンガルー自転車便、サイクリングヤマト、シクロエクスプレスで使用可能で、ヤマト便でも使用している人がいるようだ。

参考:

カンガルー自転車イベント便とオーストリッチ OS-500 トラベルバッグ: 一路一会のぶらり、一筆

オーストリッチOS-500トラベルバッグでMTBを沖縄にヤマト運輸の宅急便で送る – うろぐプラス【使用&体験レビュー】

ただ、クッションが入っていて衝撃を吸収できるのも限度がある。輪行時に外側からの圧力がかかるとリアディレイラーのアウターの付け根が折れる事例があるらしく、リアディレイラーは外す必要を考えたほうが良いだろう。

参考:

飛行機で輪行するならOS-500トラベルバッグ|CozyBicycleのブログ

宅配できる輪行袋の中では、折りたためることができるOS-500hs貴重な輪行袋だ。折りたためることによって、ロッカーに入れることが出来たり、郵便局の局留め等を使えば旅にも使用できるが、欲を言えばもう少しコンパクトに折りたためることができれば、使いやすいと思う。

スポンサーリンク