シートポスト内に入れる携帯ポンプ TOPEAK NINJA Pの問題点

自転車用品ブランドで知られているTOPEAKには、携帯工具が隠れているNinjaシリーズがある。その中のNinja Pは携帯ポンプがシートポスト内に隠れているのが特徴だ。

PVだと便利そうなイメージがわくが、このPVだけで欠点が幾つもあるのが見つかったのでまとめてみた。

スポンサーリンク

取り外し時にシートポストを外すという問題

Ninja Pを外す時、必ずシートポストを取り外さないといけない。シートポストを取り外す時、固定部分を緩めるが、多くは六角レンチを使用するタイプなので、ポンプを出す時に六角レンチを出さないといけないので、動きや時間がかかる問題がある。

装着時にシートポストを装着する問題

装着するときにシートポストを外さないといけないが、シートポストを外すとサドルの高さや左右の位置の調整を行わないといけない。この位置調整は非常にシビアで、シートポストを外すと面倒なことになる。また、近年の高額モデルはフレームやシートポストにカーボン製が使われていて、適切なトルク管理を行う必要がある素材を採用している物もある。Ninja Pを使用する場合、最後はトルクレンチを使用しトルク管理を気をつけながらシートポストを装着しないといけないが、Ninja Pを使用するシチュエーションの殆どはトルクレンチが無い屋外で、速く終わらせたいパンク修理のためトルク管理を行う余裕が少ない。

緊急用レベルでしかないポンプサイズ

このような欠点があってもポンプが使える物なら期待できたが、Ninja Pのポンプサイズは、良く売られている緊急用レベルと変わらない小ささ。このサイズなら他社から多くあるので、シートポストに入れないのなら特に凄いわけではない。

シートポストに入れるコンセプトは面白いが、シートポストを外す問題や緊急用レベルのサイズのポンプのため、万人向けする商品ではないだろう。

スポンサーリンク