ボトムブラケットのネジを綺麗にして音を静かにする方法

エンジンがない自転車では、余分な音が発生すると不安になり漕ぎにくくなる。音の原因を解決するということは難しい。

今回は、漕いている時トルクをかけた状態では、音が発生する事例。トルクをかけないで回転のみの場合だと発生せず、立ち漕ぎでサドルに力がかかっていない状態でもトルクをかけるとカチカチとした音が発生するので、ボトムブラケット周辺が怪しいと推測した。

ボトムブラケットに砂が入り音がなる可能性もあるが、既にボトムブラケットを交換しているため、これはありえないと判断。

次にボトムブラケットが緩んでいる可能性は、ボトムブラケットを外すとき、特に緩んでいる感じは発生していなかった。
IMG_20160227_120129

そこでボトムブラケットを外してみると、ネジに砂が多く入っていたので、ネジの砂を取り組み直してみたら音が発生しなくなった。

これは一例で、このようなことで音は消えるのだけれども原因を特定するまでが難しい。自分の場合は漕いでいるのと連動して音が発生する場合は、力を入れないで漕ぐ→力を入れて漕ぐ→立ち漕ぎをして漕ぐようにして、原因を探すようにしている。このような音の発生の特定は難しいので、普通なら素直に技術がある自転車店に持っていくのが最善だろう。

スポンサーリンク