花粉症対策や黄砂・PM2.5対策で有効な自転車やスポーツで使えるスポーツマスク一覧

花粉症の季節になると外に出るのが辛い人も多くなるだろう。自分の場合は素直に病院に行き薬を貰っているが、それ以外の方法としてマスクをする人もいるだろう。

花粉症や黄砂、PM2.5対策ではマスクを使用するのが有効と言われているが、最近では普通のマスク以外にスポーツ用のマスクが売られていて、スポーツでの使用で装着している人もよく見る。今回は自転車に使えそうなスポーツ用マスクをまとめてみた。

スポンサーリンク

DOPPELGANGER ダストシールドマスク

マスク本体は伸縮性に優れたネオプレーン素材を使用し、逆止弁構造のバルブとアルミ製ノーズクリップを装備したスポーツマスク。サイズはMとLの2種類がある。専用フィルターは、花粉捕集効率99%、0.1ΜMの粒子を99%以上カットする高性能のフィルターを採用していて交換可能。

Amazonのレビューで気になるのは、マスクとしての機能は良いが、極寒地に使えるようなものでは無い・呼吸はしやすいが、冬場ではベチョベチョになる意見がある。

Swans スポーツマスク カジュアルタイプ

排気弁付きフィルターをメッシュインナーで隠し街中でも違和感が持ちにくいタイプにしたモデル。排気弁付きフィルターは、車などの排ガスに含まれている、粒子状物質(PM)、微小粒子、花粉、黄砂の吸入を低減し、活性炭で悪臭を防止をするのを売りにしていて、交換可能。フィルターを隠す布は、速乾、抗菌、UVカット効果があり、呼吸をさまたげないメッシュ素材を使用している。

Naroo X5/X5s

フィルターと一体になっているマスクで、手洗いで使い続けることができるとのこと。前面の目の粗いフィルターと、後面の目の細かいフィルターの両方あり、目の細かいフィルターは、
スギ・ヒノキ花粉対策に効果があるのを売りにしている。フィルター交換タイプとどの位違いがあるのかは不明。X5とX5sの違いは、X5は首までの長さがある冬用、X5sは顎までの長さのマスクの春夏用。

参考:ロードバイク向けNAROO MASK(ナルーマスク)X5の花粉とサングラス | ロードバイクタイヤ徹底比較.com

レスプロ スポーツタマスク シティモデル

レスプロマスクの基本型となっているスタンダードモデル。アウターシェルの素材はネオプレーンでDACCフィルターを採用している。輸入元のページによると、英国防省で対細菌兵器対策などにも使用された微孔構造を持つ特殊活性炭素ろ過材で、酸化窒素や一酸化硫黄などのガス状汚染物質でフィルター構造が有効とのこと。フィルターは交換タイプ。普段使いには、穴が多いスポーツマスクの方が楽という意見がある。

レスプロ スポーツタマスク スポーツモデル

レスプロのスポーツマスクの中で、頬の部分がメッシュになった通気性を持たせたスポーツモデル。標準装備のスポーツフィルターは、特殊に静電気をチャージしたろ過材で0.3ミクロンの微小粒子物質を吸着し花粉・PM2.5・黄砂、排気ガス中の有害微小粒子への対策に効果があるのを売りにしている。バルブは、他モデルのバルブよりも開口部がより大きく開くことで一回の排出量が増えるパワバルブを採用しているとのこと。

評価は、有酸素運動のペースなら問題なく使用でき、サングラスやメガネが曇ることがない等良評価が多いが、気になる点は、鼻を軽くつまんだような感じになり、鼻呼吸がしづらくなる・サイズが合わない・高価という意見もある。

参考:RESPRO スポーツタマスク – ウェアー小物 – CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し

poi design Tour Mask

低臭タイプのネオプレン素材を採用し日本人の顔に合った形を特徴としている。フィルターは花粉粒子のろ過や微粒子の収集効率が平均99パーセントの捕獲効率を確認しているとのこと。

評価は概ね良く、ユーザーインプレッションでは呼吸の湿気でマスクのバルブに水が貯まりマスクを外し、振ってエアバルブの水を飛ばすといいという意見がある。

参考:ゆるちゃりっ! 続・花粉症対策に【POiデザイン ツアーマスク】

スポンサーリンク