短いバーエンドバーと長いバーエンドバーの特徴をまとめてみる

フラットハンドルを採用しているフラットバーロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクで長距離走行を行う場合には、バーエンドバーを装着したほうがいい。バーエンドバーを装着すると、フラットハンドル部とバーエンドバー部を交互に活用することで、手首の負担がかかりにくい。また上り坂などで力を加える必要がある場合、バーエンドバーを握ることが出来る特徴もある。

そんなバーエンドバーは長いタイプと短いタイプの2種類がある。今回はバーエンドバーを選ぶ人向けに長いバーエンドバーと短いバーエンドバーの特徴をまとめてみた。

スポンサーリンク

長いバーエンドバーの特徴

長いバーエンドバーの利点は、持つ部分が長く、多種多様な持ち方が行い易く、持ち手の部分が遠いので前傾姿勢になりやすい特徴がある。

欠点は、フラット部に戻るとき短いバーエンドバーと比べると僅かに時間が掛かる。時間で表したらほんの僅かだと思うが、このほんの僅かの違いが問題となる場合がある。またバーエンドバーが長いと重量も重くなる。

短いバーエンドバーの特徴

短いバーエンドバーは重量が軽く、手の収まりが良居。また、フラット部に戻すとき僅かに早く戻すことが可能で、長いバーエンドバーと比べるとブレーキはかけやすい。

欠点は、持ち手が短いので持つ部分が少なく深い前傾姿勢や多様なポジションを取るのは難しいことだろう。

スポンサーリンク