MTBルック車を自動車で表すと出来が悪い中国製SUV

ikupon.comの2015/12/22の記事で、5万円以下のフルサスペンションルック車はヤバイという記事がある。MTBルック車は重く、錆びやすく、設計が不自然で乗りにくく、安定感や剛性が無く、買うのならお金を出して4万円台のクロスバイクのほうが良いと言い、もしくは2~3万円台のサスペンションが無いリジッドMTBルック車が良いと言っている。詳しい内容を見たい人は、ikupon.comを見てください。

今回は、本格的MTBやエントリーMTB、フロントサスペンションがついたデュアルスポーツタイプのクロスバイク、MTBルック車を自動車として表したらどうなるのか考えてみた。

スポンサーリンク

本格的なMTBはシビアな場面にも対応できる4輪駆動車

10万円以上するマウンテンバイクは、林道よりもシビアな場面での走破性や安心感が大きい。6万円以下のエントリーMTBに存在する不安感が無いので安心して走ることができる。自動車で言うのなら、ジムニー等のシビアな場面でも走ることができる本格的な4輪駆動車のようなものだと思う。

参考:高価なマウンテンバイクと安価なマウンテンバイクの大きな違い

エントリークラスのMTBは、シビアな場面では弱いが本格的な機構を採用したSUVか

今のエントリーモデルのマウンテンバイクは、ディスクブレーキやそこそこ良く出来たサスペンションを装備しているが、林道以上のシビアな場面を走るのには安心感がなくて怖い。上手い人は階段を下ることができるようだが、素人の自分が比較した感じだと、凄いとしか言いようが無い。そんなエントリーモデルのマウンテンバイクだが、林道程度ならスピードを出すなど追い込んだ使い方をしないのなら走ることができ、自分もやってきた。自動車で言うのならダイハツ・テリオス(日本名ビーゴ)のような物か。テリオスはジムニーには叶わないが、ビルドインラダーフレームや縦置きエンジン後輪駆動から設計した4輪駆動機構など、本格的な車体設計を採用したSUVで、乗用車ベースのSUVよりも本格的な場所を走ることができるようだ。

デュアルスポーツタイプのクロスバイクは、街乗り系統のSUV車か

クロスバイクの中でも、TREK DSなどサスペンションを装備しシティサイクル並のタイヤを装備したモデル(デュアルスポーツタイプ)は、エントリーモデルのマウンテンバイクよりもタイヤが細く、サスペンションの稼働量が少ないので、エントリーモデルのマウンテンバイクよりも走れるオフロードは少ない。ただ、一般生活にある舗装されていない場面や段差には、このようなデュアルスポーツタイプも効果があり、タイヤもシティサイクル並の太さなので、タイヤが太いマウンテンバイクよりは舗装路は軽く走ることが出来るだろう。

自動車で言うと昔の商用車派生型ワンボックスやミニバン(トヨタ・タウンエース・ライトエースノアなど)や、スズキ・ハスラーやトヨタ・RAV4、日産・エクストレイルなどの乗用車ベースのSUVだろう。本格的にオフロード走行を行うモデルではないが、車高の高さや4輪駆動のおかげで安心感は大きいだろう。また、一部車種では乗用車の4輪駆動車には装備されていない駆動制御システムのおかげで、一般ユーザーが走行する砂利道や雪道ではさらに安心感が期待できる。

MTBルック車はできの悪い中国製SUV

重く、錆びやすく、設計が不自然で乗りにくく、安定感や剛性が無いMTBルック車はカッコだけの自転車で、オフロード走行は出来ないサスペンションやフレームは本当にカッコだけで、買うのならお金を出して別のを購入したほうがいい。自動車で言うのならできの悪い中国製SUVのような物だろう。爆破されている動画の車種は双環汽車・CEOでBMW X5のデザインをコピーしたSUVで、エンジンは現地生産されている三菱の4G63/4G69を搭載した、中国の開発能力が無い方の企業の自主ブランド車だ。動画のCEOは各部が錆びてボロボロ、ブレーキすら錆びてパッドが剥離し、走りもメタメタでとんでもない自動車のようだ。

スポンサーリンク