27.5インチセミファットバイク化できる29インチマウンテンバイク

マウンテンバイクの車輪関係はかつては26インチが中心だったが、今では26・27.5・29インチと幅広く有り、さらにファットタイヤやセミファットタイヤと幅広いラインナップとなっているのが特徴だ。車輪のサイズが豊富に存在しているため、人によっては車輪径を変えてみたい人もいて、29インチから27.5インチに変えたり、26インチから27.5インチに変えてみて試してみるユーザーもいる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真はhttp://www.1jyo.com/minoo/news/2015/11/post-885.htmlから引用。今回発見したのは、29インチマウンテンバイクに、車輪を27.5インチセミファットバイク化を行った事例。車種はTREKの29インチマウンテンバイク「エクスキャリバー」で行っている。29インチと27.5インチセミファットでは、タイヤの直径が同じなので、直径については問題ないらしいが、タイヤの幅があるためタイヤとフレームの各部のクリアランスはギリギリとなっている。また、タイヤは通常のセミファットで採用されている3インチではなく少し細い2.8インチを採用している。

既存のマウンテンバイクでセミファット化は、比較的手軽に行える方式だが、車体との相性の問題がある。これは今までのマウンテンバイクでの大径車輪化で問題となっていたことと同じで、既存のマウンテンバイクのセミファットバイク化は簡単に行えるものではないと思ったほうが良いだろう。

スポンサーリンク