MTB & TEPEEで外遊び in 大岳キャンプ場に行ってきた

DSCN6839

マウンテンバイクのコースでの試乗やテントや飲食物の販売を行っているイベント「MTB & TEPEEで外遊び in 大岳キャンプ場コース」に行ってきました。主にマウンテンバイクを試乗してずっとコースを回っていました。

スポンサーリンク

林道とは違うコース設定

走行できるコースには小さなジャンプ台があるコースもあったが、自分はメインコースを中心に走っていた。林道しか知らない自分から見ると、コースは急な上り坂や急な下り坂あり、抜重で越える丸太あり、走り方を考えないといけないコーナーありと、自分にとっては刺激的なコース。特に急な下り坂は林道(大名栗林道)をかじった程度だと恐怖を感じるレベルで、初心者向けではないコースで、常設ではなくて様々な人が来るイベント用のコースとしては、適してないように感じた。ただ、コースを見ると下り坂はこれよりも緩くさせるのは難しかったようだ。

MTB専用コースを走る楽しみ

短いながら、人などがいる登山道ではなくMTB専用の周回コースを走るのは非常に面白い。コーナーの回り方や下り坂の下り方や抜重の仕方などを考えて走るのが面白く、短くてもこういうコースがあるのなら、本格的にマウンテンバイクを行いたい気持ちになる。

大岳キャンプ場は東京の武蔵五日市から奥にあるが、個人的な感覚としては、交通は奥多摩と比べると鉄道がある奥多摩と違い自動車が必要なため少し落ちるが、立地的にはそれほど悪くないことと、大岳キャンプ場にあるプレハブでは、飲み物などがありフリーWIFI、水洗トイレもあるので悪くない場所だと思う。

ルールを守ってトレイルを走るのも良いと思うけど、小さくてもMTBでコースを走りキャンプして帰るような提案も悪く無いと思う。イベントは悪く無いし機会があればまたやってほしいと思うが、個人的には小さくても今回のイベントのような常設コースを作って、マウンテンバイクの良さを発信できれば良いと思う。

スポンサーリンク