電動アシスト自転車情報サイト「シクロアシスト」11月分のまとめ

電動アシスト自転車に関してはシクロライダーではなくて、電動アシスト自転車情報サイト「シクロアシスト」で情報を出している。今回は11月に公開したシクロアシストの内容についてピックアップしてみた。

スポンサーリンク

ヤマハ・YPJ-Rの登場

ヤマハの本格的なスポーツ用電動アシスト自転車「YPJ-R」が登場、YPJ-Rについてはシクロライダー特集シクロアシストでも特集しているので、詳しい内容についてはそちらでどうぞ。

BESVは高級電動アシスト自転車市場を作れるか

BESV LX1は高価な電動アシスト自転車で、高級電動アシスト自転車を売りにしているが、アシストユニットの完成度はYPJ-Rに装着されているヤマハ・PWシリースより低く、重いバッテリーが車体前方部についているため重心が高く走りが悪い。高級電動アシスト自転車というよりは只の高価な電動アシスト自転車で、高級電動アシスト自転車市場を作れるレベルになっていない。

ブリヂストンとヤマハとの関係が変化しつつある

2016年モデルの、ブリヂストンの電動アシスト自転車はステップクルーズeやフロンティアロイヤルというモデルに、ブリヂストン製の電動アシスト自転車ユニットを装備する一方、安価なモデルにはパナソニック製電動アシストユニットを装備するようになった。ヤマハも、マルキン等の電動アシスト自転車にヤマハ製アシストユニットを供給するようになっている。ブリヂストンとヤマハの関係が変わりつつあり、ブリヂストンの電動アシスト自転車は挑戦していっているが今後どうなるのかが気になる所だ。

11月 | 2015 | シクロアシスト

スポンサーリンク