6輪生活番外編 4輪生活 BMW R1200GS-Aに自転車を積載する

自動車に自転車を積載する6輪生活は普通によくあるが、世の中にはオートバイに4輪生活を行っている人がいる。今回見つけた4輪生活は、BMW R1200 GS-Aに自転車を積載した話だ。

4輪で有名なBMWはオートバイも作っていて、R1200 GSはダカールラリー等を意識した舗装路・未舗装路を走るアドベンチャータイプのツーリング用オートバイで、比較的見るオートバイだと思う。ナナハン(ホンダ・ドリームCB750Four)よりも扱いやすくて軽量な「ホンダ・ドリームCB500Four」や細身の4サイクルマッハ「ヤマハ・TX500」を愛用していた某氏やオートバイの免許を取る気もしない自分から見ても非常に大きいオートバイだ。

「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう 積載量の向上(過積載対応)

上記のブログでは、BMW R1200 GSにロードバイクを積載している。積載場所は両サイドのバニアケースを装着した状態で前後輪を外してひっくり返した状態で積載を行っている。詳しい内容はブログを参照してほしいが、面白いほど綺麗に収まっている。

積載の大きさ・方法、重量の制限についてはブログを書いている人は道路交通法に違反していない合法とのこと。ただ、オートバイは転倒のリスクがあるので転倒したら自転車はダメになるだろう。また使用しているオートバイは大きいオートバイのため、通常のサイズのオートバイで同じように自転車を積んで4輪生活を行うのは難しいのではないかと思う。

スポンサーリンク