自転車レストア記紹介 ELAN ロードバイク”Dusty Olive”編

自転車は自分で乗れるプラモデルのようなものなので、レストアも多く行われている。今回はELANのロードバイクをレストアしたサイト「REBIKSS」について紹介。アーミーグリーンとシルバーメッキのフレームに、ロゴとチェーンはゴールドとなっている。今回参考になったのは以下の点

塗装の塗り替え

今までの塗装を剥がすために使用した塗装剥がしはホルツの自動車用強力剥離剤。剥離剤はいろいろなのがあり物によっては剥がれにくい物がある中で、これは綺麗に剥がれるとのこと。フレームの下地はメッキになっていてメッキに錆びがないので程度が良いフレームのようだ。下地がメッキのためプライマーにミッチャクロンマルチを使ったとのこと。気になったのがクランクを磨いた後に、アルマイトが取れているのでクリア塗装をしたらザラザラの梨肌になったというのがあり、どういう商品を使ったのかが気になるところ。

サドルの補修

ボロボロだったサドル「サンマルコロールス」は、革靴用の補修剤「アドベース」で補修し、染めQキャメルブラウンで着色したとのこと。サイトでは補修前と補修後が見ることができるが綺麗に補修されている。

ブレーキレバーカバーの補修

ドロップハンドルのブレーキレバーカバーがボロボロになっていたので、破れている箇所に裏から古いチューブを貼り付け、表面にゴム靴底補修剤の「シューグー」を塗りたくり、上からサドルの補修に使った「アドベース」を塗り、乾いたらヤスリで整形して着色して直したとのこと。ブレーキレバーカバーがボロボロになったら参考として応用できるDIYだ。

下記のサイトでは、レストア前からレストア途中、レストア後が見ることができます。また今回参考になった部分は全部写真があるので、詳しく見たい人はサイトを見てください。

参考:http://umeda.cc/rebikess

スポンサーリンク