2016年モデル Escape RXシリーズは、GIANTらしさが出ているクロスバイクとなった

今の時代、プライベートブランドのスポーツ自転車等比較的安価で最低限のスポーツ自転車の性能を持った自転車は多く存在する。その為か有名なスポーツ自転車ブランドは安くても他の安価なスポーツ自転車の違いをアピールしているモデルが多い。SpecializedのクロスバイクはSpecializedブランドのグリップやタイヤを装備し、TREKのクロスバイクはボンドレガーブランドの部品を装備したり、サイクルコンピューターを簡単に装着機構を売りにしている。

2016年モデルでGIANTはEscape RXシリーズのモデルチェンジをしたとのこと。自動車並みに動画でティーザー広告するなど相当気合いが入っている。

参考サイト:定番クロスバイクがフルモデルチェンジでよりスポーティーに ジャイアント ESCAPE RX | cyclowired

新型Escape RXの大きな特徴はフレームとなっている。フレームは弓なりの形状を採用したり、ワイヤー処理の内臓化を行っている。一番の大きな特徴はD-Fuseシートピラー。GIANTのハイエンドモデルに採用されているD型形状を採用したシートピラーで、通常のシートピラーよりもしなりやすいのが特徴とのこと。

参考サイト:GIANT DEFY2のD-FUSEシートピラーはどれ位しなるのか!|Y’sRoad PORTAL

デメリットは破損した場合は専用のシートピラーの交換が必要ということ。スペック上ではD-FUSE Composite Seat Pillarと書いてある(他サイトのカタログ情報ではRX3のみアルミ製シートピラー?)ので、恐らくカーボン製シートピラー。カーボン製部品は装着時に強く締めすぎると破損する可能性が高いため取扱に細心の注意が必要と言われている。因みにGIANTのアクセサリーカタログではD-FUSEカーボンシートピラーは税抜き6,000円する。

嘗てGIANTの自転車を購入する理由は他社よりもお買い得だからなのが理由だったが、今のGIANTの自転車は、お買い得さよりもGIANTの自転車のキャラクター性に惹かれて購入する物だと思う。今回のEscape RXシリーズは世界的にも見ないスピードクロスというジャンルに、D-FuseシートピラーなどのGIANT独自のキャラクター性が強く出ている。他社にはない独自部品を採用したキャラクター性は一方で独自部品を採用することによって汎用部品が消えて、カスタマイズが非常にやりにくい、部品の価格が高価な欠点も出てくる。D-Fuseカーボンシートピラーを採用したため、シートピラー交換によるサドル後退量の変更ができない、アルミ製シートピラーに変更して耐久性を上げるのが難しい、キャラダイス・SQRの装着ができない等の問題が出てくる。

専用部品を採用した新型GIANT Escape RXは、普通の人に誰でも気安く進めるクロスバイクでは無いと思うのが自分の感想。購入する場合はEscape RXの特性を理解するのが必要で、Specialized SirrusやLouis Garneau Chasse、Momentum I Need Z-5等、もっと汎用性のあるクロスバイクの購入を考えることも1つだろう。

スポンサーリンク