簡単に維持できない設計になっているハイエンドレーサーの世界 Specialized S-Works SHIV編

世の中のロードバイクの流れはエアロ形状と電動変速機、ディスクブレーキが流れになっているが、エアロ形状と電動変速機は汎用性が低くなり、公道仕様には向かないと思い今まで殆どネタにしていなかった。ディスクブレーキはツーリングタイプの自転車でも採用が進んでいて、Surly Long Haul Trackerのインプレまとめでディスクブレーキ仕様が良かったという意見があったため、公道仕様に向くのではないかと思う。

汎用性が低い部品を採用した場合、非競技志向の公道仕様は向かないと思っていたら、競技で使用するユーザーすら維持、管理ができない状況になっている。

最初に見つけたのが、Specialized S-Works SHIV TTという、タイムトライアル用のロードバイクの整備ネタ。SHIV TTはタイムトライアル用の競技用ロードバイクのため、トライアスロン用のTTバーが付いているが、TTバーの突き出しが構造的に手前に引くのが苦手で、ハンドルの肘を置く所のアダプターが角度を変える可変性が無い。また、ハンドルとステムが車体専用設計で、フォークコラムのサイズが1インチと1-1/8インチを組み合わせた特別仕様のため、素人的に考えても非常に融通が効かない自転車となっている。

参考サイト:一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |戦闘機なんだが・・・

トライアスロン専用モデルのSHIVでは、かつてのS-WORKS SHIVはMagura RT8という油圧キャリパーブレーキが装備されていた。(2016年モデルはSpecialized Side Pullと書いてあるので油圧ではない?)このMagura RT8が装着されたS-WORKS SHIVをある自転車店で整備をしたら、前の自転車店の整備がデタラメで怒る記事があった。

参考サイト:SHIVをいろいろ修理しました – のむラボ日記

参考サイト:S-WORKS SHIV ブレーキ修理につきまして – Rabbit Street 江坂店 Blog

修理関連の対応は非常に問題があると思う。ただ、今回のネタはそちらではなくて汎用性が低くなっている競技用部品を見て、競技に興味が無い自分が個人的に思ったのが

「お金に制限がある普通のアマチュア競技ユーザーに、異様に複雑化し汎用性が低いハイエンドモデルを薦めるのはおかしいのでは?」

ということ。例えば油圧ブレーキではなくてワイヤーでブレーキを引くのなら調整は比較的容易で、工賃もべらぼうにかかる可能性は低い。また、万が一現地でトラブルが発生しても自分で調整をしてトラブルを解決できる可能性があるが、油圧ブレーキだと素人的に調べてもワイヤー調整よりも工具が多く必要で簡単に行うようには思えなく、工賃もそれなりにかかり部品供給が不安な物を使用するのはリスクがあると思ったほうがいいようだ。

自転車競技に興味無く、公道仕様を提唱しているサイトでこのようなことを書くのもどうかと思う(もっとも、免許も無く取る気もないのに、オートバイネタをやっているのでアレだが)けど、このような事例を見ると、自分のお金で物を購入しないといけない普通のアマチュア競技ユーザーは、汎用性は考えないといけないと思う。自分みたいな非競技ユーザーなら汎用性に加えて耐久性、修理の容易さは考えないといけないだろう。

スポンサーリンク