正式に兄弟車だったKHS 4 SeasonとBlue Point X7

ルック車の世界は玉石混交の世界で、どう見ても使えなさそうな自転車から、部品は微妙だが元は良さそうなものまで様々なモデルが存在する。その中で激安ファットバイクの中で、謎の1台にBlue Point X7がある。

X7はドンキホーテ等の量販店で見るタイプだが、フレーム形状はKHS 4 Seasonにそっくりで、フレームに貼ってある「4 Season」のロゴは、完全に同じだった。

なぜか似ている2台のファットバイク KHS 4seasonとBlue Point X7 | シクロライダー

そんなX7だが、どうやらKHSの4Seasonとの関連はあるようだ。

チキンな俺っちは社員さんを目の前にして「似てますね~」なんて言えずモンモンと・・・

すると社員さん、そんな俺っちの心情を察してか『実は・・・』と。

ナント~~~っ!

このX7、ちゃ~んとKHSからライセンス取ってるそうです!!

その証拠!?にフレームに4SEASONのロゴが残っている1台を見せて頂きました♪
見えないようにベルクロで隠してありましたがw

街乗り限定!ではありますが・・・|モトスのCYBER ZONEから引用。どうやら正式にKHSからライセンスを取っているとのことだ。

フレームはKHSと同じなBlue Point X7だが細部は安い部品を採用している。前シングルギア、KHSよりも安そうなリム、安物によく装着されている蜘蛛タイヤ(INNOVA IA-2214A?)等、安価な部品を採用している。ファットバイクは前後タイヤを交換する場合、部品代だけで2万円はする等、通常のスポーツ自転車には採用されていない独自規格を採用しているため、各部品が高価となっている。KHS 4Seasonの一番安いモデルと、Blue Point X7の価格差は約3万円だが、X7を購入して、部品を交換して楽しむ場合、3万円程度で4Seasonにすることはできないだろう。Blue PointX7は、他のファットバイクルック車よりは素性はいいようだが、部品価格が高いため、本気でファットバイクをしたい人は4Seasonを購入したほうがいいだろう。

スポンサーリンク