自転車店の人が見る、クロスバイクの価格の違い(Momentum I need Z-3 Air/Bridgestone Cylva F24)

ikupon.comの、2015/6/6の記事に、3台のクロスバイクの比較ネタがある。バックナンバー等を見ると自転車店の店員?らしく、3台のクロスバイクは

Merida Crossway TFS-50R

Momentum I need Z-3 Air

Bridgestone Cylva F24の3台

この中で一番低い評価が、Merida Crosswayで、走りが悪いと定評のKenda KWESTを装着し、高圧をかけられない英式バルブのため走りが重くて撃沈。Momentumは出だしが軽く、価格以上の自転車で、Bridgestoneは出だしはMomentumよりは落ちるが非常に加速が良いとのこと。

この記事の中では、Momentum I need Z-3 Airと、Bridgestone Cylva F24は13,000円の価格差があるが、この価格差の違いほどの価値はあるらしく、気になった部分をまとめてみた。

ホイールの回転がスムーズ

Cylva F24は、シマノ製のハブを採用している一方、Z-3 Airはメーカー名不明(恐らく他のスポーツ自転車ブランドと同程度品)を採用している。一般的に、安価な製品では有名なシマノ製のほうが、ハブは良いと言われているが、シマノ製ハブを採用したCylva F24のほうがホイールの回転はスムーズのようだ。

座り心地の良いサドル

Cylva F24とZ-3 Airは、スポーツ自転車なので細身で薄いサドルが装着されているが、Cylva F24のほうがすわり心地が良いとのこと。サドルは写真だけでは格好だけしかわからず、実際に乗らないと評価がわからないので、Cylva F24のサドルは座り心地が良いのなら、コストをかけているのだろう。

KENDA KWESTよりも1クラス上のタイヤ

Cylva F24にはブリジストン LIBERQ 700x32Cが、Z-3 AirにはKENDA Kwick Trax 700x28Cが装着されている。Merida Crosswayに装着されていたKENDA KWESTは最悪評価だった一方なのに対し、Cylva F24とZ-3 Airのタイヤの評価が無いのを見ると、KENDA KWESTよりも1クラス上のタイヤのようだ。Cylva F24のブリジストン LIBERQ 700x32Cには、タイヤ内に薄いパンクガードが入っているのが売りだが、KENDA KWESTよりも良いと思われるのを見ると、自転車ツーリングレベルなら走行性能とパンク対策の両立は可能なのがわかる。

参考にしたサイトでは短い記事ながら、いろいろなことが書いてあるので、シクロライダーで書くのはここまでにします。

参考:ikupon.com

スポンサーリンク