自転車用ナビゲーションシステムの評価まとめ Pioneer ポタナビ(sgx-cn710)編

スマートフォンの登場により、安価に自転車でナビが使えることができるが、そんな中で自転車用ナビを販売しているところがある。今回はPioneerの自転車用ナビ「ポタナビ」の機能や評判についてまとめてみた。

ナビゲーション機能について

ナビゲーション機能は、マップナビモード(ポイントライン表示)、マップナビモード(ルート探索・ルート表示)マップナビモード(タイムサークル表示)、マップナビモード(地図表示)、ポップアップナビモード、フレンズポイントモードの6種類がある。

マップナビモード(ポイントライン表示)は目的地を決めても道を決めずにフラフラ走れるのに有効で、出発地、目的地の方向がラインで表示されているので、出発地点に戻ったり、目的地がわからなくなる問題を解消するようだ。

マップナビモード(ルート探索・ルート表示)は、通常のナビと同じように、画面にルートを表示する機能。自車がルートから外れた場合は手動で再ルート探索が可能だ。またルート探索は3G通信を利用していて、通信エリア外ではルート探索はできない。また、ポタナビ専用Webサイト「サイクルラボ」で作成したルートをポタナビ本体に転送することも可能だ。

マップナビモード(タイムサークル表示)は設定した時間内に往復できるゾーンを円形グラフィックで表示する機能。設定時間は30分・1時間・1時間30分・2時間・2時間30分・3時間・4時間・5時間・6時間・日没から選択可能。またゾーン圏外に出た場合は色の変化やアラームで知らせるようになっていて、時間が経つほどゾーンが小さくなるので、ゾーンの中で散策を楽しめば、時間通りに出発地に戻れるようにするなど、限られた時間でも自転車を楽しめるようになっている。

マップナビモード(地図表示)は地図のスケールを50m/200m/1kmと変更できる。また地図と同時にポップアップ情報や計測データの表示も可能だ。

ポップアップナビモードは、通信機能を使用し周辺の話題のスポットや、天気、食事や休憩場所等のスポットを紹介してくれるサービスとのこと。

フレンズポイントモードは、ポタナビを使用している仲間の位置を通信機能を使用して確認できるモード。またポタナビ専用Webサイト「サイクルラボ」では、各メンバーの位置、速度、ケイデンス、心拍数を表示しポタナビにメッセージを送信することもできる。ポタナビ側でも、OK・No・Maybeの3つの簡易メッセージを送信することが可能だ。

サイクルコンピューター機能

ポタナビにはサイクルコンピューター機能も装備されている。サイクルコンピューター機能ではダイエットモード、メーターモードがある。

ダイエットモードは、センサーや走行データに応じて、キャラクターや画像が変化したりするモード。

メーターモードはセンサーからの計測データを表示するモードとなっている。またメーターモードは自分好みの表示に変更することが可能で、距離・ラップ数・時間・日の出・日の入・速度・ケイデンス・心拍・消費カロリー
を自分好みの表示位置や設定にすることが可能だ。メーターモードの表示変更は公式Webサイトからシミュレーション可能となっている。

パソコンリンク機能

専用Webサイト「サイクルラボ」から、ルート作成が簡単に製作できポタナビに転送ができる。

外部サイトから取得したルートを「サイクルラボ」に取り込みしポタナビに転送もできる。対応しているデータ形式はGPX・KML・TCXとなっている。

また、走行したルート等のデータ通信を介して、走行中に「サイクルラボ」のユーザーページに自動で転送する。データのグラフの編集やコメント入力等も可能だ。

ハードウェアの設計について

自転車用ナビのため、ハードウェアも自転車用に進化している。

ディスプレイの点灯時間は常時で10時間可能で、ディスプレイも日差しの下でも見やすいタイプを採用している。画面サイズは2.4インチとスマートフォンと比べると小さい。

耐震・防塵・防滴設計になっていて、防滴性能はIPX5に対応している。

付属センサーと対応センサーについて

ポタナビにはケイデンスセンサーが付属している。また、ANT+対応の別売りセンサーを使用すれば、多くの計測データをポタナビで表示することが可能だ。

ポタナビの通信機能は2年間無料

ポタナビは通勤機能があるが、この通勤機能は2年間は無料で使用できる。2年間使用した後は、2年分のポタナビ更新用UIMカードを購入する必要がある。価格は税抜き9,600円。

地図の年度と更新について

ポタナビの地図は2011年の地図となっている。地図の更新はできない。

ネットレビューをまとめる

価格.comのレビューでは、普段使う機能はフルフィンガーの手袋をしても問題なく操作できる、時速30km程度の速度で走行していると、曲がり角を通り過ぎるという事が度々発生するという評価があった。

ポタナビについてのレビューをしているブログ

オヤジチャリダー日記 : パイオニア ポタナビがやってきた! 実走編

パイオニアの新サイクルナビ「ポタナビ」はブルベで使えるか? 3.実走編

第2回目パイオニア「ポタナビ SGX-CN710」【滋賀県:Papa19640620さん】 – – モニター隊員レポート – ぶろぐ・で・あさひ | サイクルベースあさひ

椰子の実通信: ポタナビモニターまとめ : 2ヶ月間使ってみて

参考URL:自転車 ナビ | ポタナビ SGX-CN710 | パイオニア | サイクル関連

スポンサーリンク