2016年モデルのロードバイク情報まとめ(Pinarello・Raleigh編)

既に2016年モデル情報が出回っている自転車の世界。今回はPinarelloと、Raleighの2016年モデルの情報についてまとめてみました。

Pinarello

≪PINARELLO 2016 NEW MODEL≫ ピナレロ 2016 新製品プレビュー | RIOGRANDE

既に2016年モデルを発表したPinarello。NEWモデルとして登場したのは、ディスクブレーキが装備されたレーシングモデルのDOGMA F8 DISC、リアサスペンション機構を搭載したDOGMA K8-S、DOGMA F8のスタイルに似た、ハイエンド~ミドルエンド機のモデル「GAN」シリーズ(GAN、GAN DISC、GAN S、GAN RS)がある。価格、カラー、スペックなどの詳細は、7月上旬の国内発表で公開予定とのこと。

Raleigh・CRF

RaleighのCRFの2016年モデルは、2015年モデルからスペックは変わらない。レイノルズ631というスチールチューブをフレームに採用している。レトロデザインを採用しているが、昔のスチールフレームを見たあとに、CRFを見るとアルミ並に太く、洗練された現代的なスチールフレームのロードバイクに見える。フレームのヘッド部分には、ラグ風の装飾がされていて、他車との違いを出している。フレームにはWレバー用台座があり、横からの写真では見えないが荷台や泥除けの取り付け台座があるようだ。

ブレーキはシマノ・105。11速化したシマノ・105のブレーキでSLR-EVという新規格を採用している。通常のロードバイク用キャリパーブレーキだが、従来のキャリパーブレーキよりもサイズが若干大きいためか、28c(28ミリ相当)のタイヤ幅を装着可能。また、25c(25ミリ相当)なら泥除けも装着可能のようだ。ギア比は、ロードバイク用のため、このままでは普通の人はキツイ上り坂では辛いだろう。日本でのラレーブランドの自転車はアラヤが取り扱っているためか、リムはアラヤを採用。タイヤはパナレーサーとのことだ。

  • レイノルズ 631スチールフレーム・カーボンフォーク
  • SHIMANO 105(ブレーキ)
  • クランク:SHIMANO 105 50-34T/スプロケット:SHIMANO 105 11-28T 11速
  • リム:ARAYA AR-713/タイヤ:PANARACER 700X25C
スポンサーリンク