今でも買えるハイエンド・ボスフリースプロケット IRD ディファイアント フリーホイールの一覧

現在、スポーツ自転車のスプロケットは、カセットスプロケットというタイプが一般的となっているため、旧式のボスフリースプロケットの種類は少ない。シマノのボスフリースプロケットは、安物しかなく錆びやすい質感なので、人によってはこのようなスプロケットを付けるのは躊躇するだろう。

そんな安物が殆どのボスフリースプロケットだが、IRDは5,6,7段のボスフリースプロケットがある、高価だが、ギアはメッキ仕上げで種類が多いのでまとめてみた。

5段:スタックハイト29.2mm

  • 13-24T:13, 15, 17, 20, 24
  • 13-28T:13, 16, 20, 24, 28
  • 13-32T:13, 16, 20, 24, 32
  • 14-28T:14, 16, 20, 24, 28

6段:スタックハイト31.5mm

  • 13-24T:13, 15, 17, 19, 21, 24
  • 13-28T:13, 15, 18, 21, 24, 28
  • 13-32T:13, 15, 18, 21, 24, 32
  • 14-32T:14, 17, 20, 24, 28, 32
  • 14-34T:14, 16, 19, 24, 28, 34

7段:スタックハイト34.1mm

  • 13-24T:13, 14, 15, 17, 19, 21, 24
  • 13-28T:13, 15, 17, 19, 21, 24, 28
  • 13-32T:13, 15, 17, 21, 24, 28, 32

AmazonでIRD ボスフリースプロケットを探してみる

スポンサーリンク