2016年モデルではフラットバーロードが登場 Bianchi Via Nirone7 Flat Barシリーズ

Bianchiのクロスバイクといえば、RomaシリーズやCamereonteシリーズがある。RomaやCamereonteは、タイヤは細いが、ロードバイクよりアップライトな姿勢で乗ることができる、舗装路重視のクロスバイク・スピードクロスとなっている。そんなBianchiのクロスバイクだが、2016年から新たにロードバイクのVia Nirone7シリーズにフラットバーロードバイク仕様が登場するようだ。

【フラットバーロード】ビアンキから2016年先行モデル2機種が発表になりました♪|Y’sRoad PORTAL
続・【フラットバーロード】ビアンキから2016年先行モデル2機種が発表になりました♪|Y’sRoad PORTAL

RomaシリーズやCamereonteシリーズのクロスバイクとの違いは、Via Nirone7 Flat Bar Roadはロードバイクのハンドルをフラットバーにしたフラットバーロードバイクということだ。フラットバーロードバイクは、ハンドルをドロップハンドルからフラットハンドルにしただけのロードバイクだ。そのためクロスバイクよりも舗装路走行に特化しているため、扱いやすいロードバイクが欲しい人やスピード重視の人には良いだろう。また、ロードバイク用のブレーキが装備されているため、ドロップハンドル化が容易だったり、ロードバイク用ブレーキレバーの装着が容易なため、ハンドルやブレーキレバーを変えることで、自分に合ったハンドル周りを試せる利点がある。

クロスバイクよりも劣るのは、走ることだけしか考えていないロードバイクの設計を引き継いでいるため、フレームに泥除け、荷台取り付け台座は無い。前傾姿勢で乗車する車体設計のロードバイクのハンドルをフラットハンドルにしただけとなっているため、クロスバイクよりも前傾姿勢で乗車することになる。

価格はシマノ・ソラ仕様で税別価格117,800円、シマノ・クラリス仕様で税別価格97,000円となっている。

フレームはアルミフレーム、フロントフォークはカーボンフォークとなっている。

ブレーキはソラ仕様はShimano SORAのため、恐らくショートアーチタイプか。装着しているタイヤがVittoria Zaffiro 700×25cで、これ以上タイヤ幅を太くするのは非常に難しいだろう。

ギア比は、前は50-34Tのコンパクトクランク、後ろはロードバイク用のスプロケットを採用している。クラリス仕様は11-28Tの8段、ソラ仕様は11-27Tの9段。一番軽いギア比は1を超えているため、このままではキツい上り坂では普通の人は辛いだろう。

Bianchi Via Nirone7 Flat Barシリーズは、クロスバイクよりも汎用性が低いロードバイクのハンドルをフラットにしたフラットバーロードバイクだ。購入する時は、フラットバーロードバイクという意味をよく考えて購入しよう。

スポンサーリンク