WH-R501ホイール装着の税抜き価格4万円以下スピードクロス ART CYCLE STUDIO C500

ネット通販限定の福井商会の自転車ブランド「ART CYCLE STUDIO」で有名なのは安価なロードバイクや、レイノルズ853という軽量パイプを採用したクロモリロードバイクが有名だが、ロードバイクだけでなく、クロスバイクやフラットバーロードも販売している。ART CYCLE STUDIO C500は税抜き価格4万円以下のスピードクロスながら、シマノのロードバイク用ホイールWH-R501を採用している。タイヤが細く、ロードバイク用車輪を装着し、マウンテンバイク用ブレーキを採用しているので、スピードクロスのジャンルとした。

フレーム、フロントフォークはクロモリ製。特に軽量等を売りにしていないが、公称重量は12キロとなっている。ブレーキはシマノ・BR-M422。マウンテンバイク用のVブレーキで、通常、この価格帯に付いている安価な台湾系ブランド(TEKTRO。PROMAX等)よりもブレーキを握ったときの感触が良く、効きも良い。また、ブレーキの動作をするために必要なワイヤーも無名品ではなく、シマノを採用している。無名品よりも動きは良いだろう。

ギアクランクは、前シマノFCM-131の48-38-28T、後ろはシマノCSHG31-8 12-28Tのクロスバイク用。ギア比はロードバイクよりは低いが、マウンテンバイクよりは高い。一応1対1の最低限の軽いギア比はついている。

タイヤはブランド名不明の700×28c。タイヤ幅は舗装路用で比較的細めだ。車輪はシマノ・WH-R501というロードバイク用ホイールを装備している。前後セットで1万円するホイールが、この価格帯の自転車で装着されていることは殆ど無い。

ART CYCLE STUDIO C500は4万円台で買えるクロスバイクとしては、ワイヤー類やブレーキ、ホイールがシマノ製の部品を採用していて、異様なほどお買い得だ。お買い得な理由は勿論あり、ART CYCLE STUDIOのみのネット通販での販売、重量から見て恐らく安価なフレーム、フレームサイズが2種類しかない、組み立てが必要な状態での発送(完全組み立てを希望する場合はプラス4,500円が必要)で行うためだと思われる。それでもこれらの理由に納得すれば悪くない選択肢だろう。

スポンサーリンク