何がやりたいのかわからないSnow peakのツーリング車「Snow peak Bike」

アウトドアブランドの自転車と言えば、「コールマン」や「モンベル・シャイデックシリーズ」等が有名だが、アウトドア用品ブランド「Snow peak」には、「Snow Peak Bike」というツーリング用自転車がラインナップされている。Snow Peak BikeはMULLERとのコラボレーション企画で、ドロップハンドルの古典的ツーリング車をイメージしている。驚くべきことは価格で61万9千円から139万8千円と高価なことで、さらに部品構成がチグハグすぎて、企画した人が自転車について詳しくなさそうなのが見えてくる。

フレームサイズがたった2~3種類

こんなに高価な自転車なのにフレームサイズが2~3種類と少ない。高価なツーリング車なら、フレームサイズが豊富でないといけないのにこれは論外。参考にSURLYの分割式フレーム「TRAVELERS CHECK」では9種類のサイズを用意している。

カーボンリムの耐久性はどうなのか?

Snow Peak Bikeの車輪にはカーボン素材のリムが採用されている。一般的にカーボンリムは競技用のロードバイクで採用されているが、荷物を積んだり、荒れた道を走行し、荒く使うツーリング車で、カーボンリムは大丈夫なのか気になる。

ツーリング車になんで電動変速機?

Snow Peak Bikeでは、モデルによってはシマノの電動変速機が装備されている。電動変速機は競技用で採用されているが、電池切れで変速できなくなる問題や、電子機器なので従来の変速機と比べると、どうしても防水性や防塵性は劣る等、サポートが無いツーリング車で装着するのに疑問がある。

なぜ、レース用のギアを装着している?

Snow Peak Bikeのスペック表を見ると、競技用ロードバイクと同じギアがついている。一般人に競技者向けのギア比をつけるのかが疑問だし、荷物を積む自転車でこんなに重いギア比で良いのか疑問だ。

Snow Peak Bikeは一部店舗のみの限定販売や値段から見て、あくまでも宣伝目的の自転車にしか見えないが、自転車を知っている人から見ると、逆効果となっている。Snow Peakの製品は「良い物を長く」「捨てない=エコロジー」の提案を実証していると言われているが、電気が無いと動かなく、サポートが切れたらゴミとなる電動変速機、荒く使われるツーリング車に使用するには疑問なカーボンリムが付いた自転車を見ると、ただのフカシにしか聞こえない。同じアウトドアブランドでも、モンベル・シャイデックシリーズのほうが、考えている部分が多いが、これはモンベルとスノーピークの本来の立ち位置が違うのもあるだろう。(モンベルは「ZERO POINT」で知られているように本格的な登山用品から始まった一方、スノーピークはオートキャンパーから始まっているため)

スポンサーリンク