ロードバイク購入後の基礎チューニング

スポーツ自転車は他の製品とは違い、自分で作る半完成品となっている。その中でも舗装路の走りを追及した代わりに、姿勢がキツく、タイヤが細くてシビアなロードバイクは、人によっては初期仕様では合わなくて辞める人もいると思う。今回は、シクロライダー的に、初心者向けの基礎チューニング用部品を纏めてみた。

ブレーキシュー

安価なモデルの多くには、シマノなどの有名ブランドのブレーキは装着されていない。ドロップハンドルは構造的にブレーキの効きがフラットハンドル用ブレーキよりも悪いようになっている。ブレーキの効きをよくするには、ワイヤー交換、ブレーキ本体の交換などがあるが、一番簡単なのがブレーキシューの交換。とりあえずはシマノのブレーキシューに交換するのが無難な所だ。

タイヤ

走りにとって重要なタイヤは、安いモデルには安い物しかついていない。安物のタイヤは乗り心地やグリップ力、転がり抵抗が劣っているので、高価なタイヤを装着すると、乗り心地やグリップ力、転がり抵抗がアップする。下手に高い部品を入れるよりも効果がある。

高いタイヤと安いタイヤの違い(Panaracer・ツアラープラスとKENDA・KWEST) | シクロライダー

ステム

ハンドルと車体を装着するステムは、交換すると姿勢が変わる。このステムは色々な長さや角度があるが、長さが豊富にある。個人的なおすすめは、アジャスタブルステム。アジャスタブルステムは角度調節が可能なので、色々な姿勢を試してみることができる。アジャスタブルステムは角度を変えるため、どうしても可動部があるため、若干のガタが出る場合がある。もし角度や長さが決まったら、通常のステムに交換しよう。

スポンサーリンク