車体を見るだけでわかるルック車の見分け方(MTB・フロントフォーク編)

かつては、マウンテンバイクルック車は、本物のマウンテンバイクと比べると、明らかに形がおかしいため、ルック車だということがすぐに分かったが、今ではルック車でも本物のマウンテンバイクのような形になっているので、見分けがつきにくくなっている。そんなルック車も、よく見ると、本物のマウンテンバイクと明らかに違い、強度が低そうな物がついている。

わかりやすい例がフロントのサスペンションフォーク。ルック車は左右のサスペンションの筒をつなげるフォークブレースの取り付けが、溶接でできているのが殆どだが、本物のマウンテンバイクに装着されているサスペンションは、フォークブレースは一体物となっている。また、サスペンション先端の車輪取り付け部分がルック車タイプだとサスペンション本体と鉄板を溶接でつなげたような物があるが、本物のマウンテンバイクでは、このようなものは無い。

実はルック車のサスペンションフォークの作りは、90年代前半のマウンテンバイクのフロントフォークの作りよりも劣っている。Suspension Historyでは、昔のサスペンションフォークの写真が載っているが、フォークブレースやフォーク先端部が現代のルック車のように、溶接で接合されたものは無い。

ルック車は安く作ることだけしか考えられていないのか、本物のスポーツ自転車みたいな進化が行われていなく、見かけ倒しの物が殆どだ。これらルック車の性能や作りは、昔の本物のスポーツ自転車よりも劣っていると思われる。

動画の自転車は日本未発売の量販店用Schwinn「Sidewinder」。自転車がわかる人なら、自転車専門店向けSchwinn SignatureのFrontierとの違いがわかるだろう。

スポンサーリンク