パナレーサースーパーチューブの良さとは?

20150418_161545

パナレーサーの自転車用チューブで有名なのは、レース用のR-AIRだが、実はツーリング用のチューブでスーパーチューブというのがある。

20150418_161629

スーパーチューブは、通常のパナレーサーのサイクルチューブよりも肉厚なのが特徴。上の写真では、通常のチューブとスーパーチューブを比較してみたけど、袋に入っていないスーパーチューブと通常のサイクルチューブでは、厚みに差があるのがわかると思う。因みに、サイズは両方とも同じ。

スーパーチューブは肉厚のチューブを採用しているので、チューブの耐久性は高いと思う。実際のパンクしにくさは、まだ入れて時間が立っていないためわからない。

スーパーチューブの一番の問題は価格。通常のサイクルチューブよりも高価で、スーパーチューブ一本買える価格だと、プラスアルファで通常のサイクルチューブが二本買えてしまう場合もある。またスーパーチューブは、販売している店舗も少ない。サイズも肉厚チューブのためか、ロードバイク用の細いチューブのラインアップはない。

スーパーチューブは、どれだけのパンク防止効果があるかわからないが、肉厚で長もちしそうなので、シティサイクルの後輪などに入れるのは良さそうだ。財布に余裕があるのなら、導入するのもいいかもしれない。

スポンサーリンク