スポーツ自転車の最低金額はいくらぐらいか

自転車の世界では、自転車を始めるには高価な自転車を買わなければならないという風潮があるが、公道仕様ロードバイク 杉村商店 PROGRESSIVE RRX-110公道仕様クロスバイク GIANT Escape RX4のように、エントリースポーツモデルでも、普通に走れることを実証している。

現代の時代において、初めて趣味を始める上でやたらと金がかかる趣味はダメだろう。70年代前半の第1次バイクブームみたいに、高校生が大型オートバイに乗り、場所によってはW1スペシャルやXS650、CB500Fourで通学する時代ならまだしも、物が豊富にありやることが多すぎる時代では、金がかかる趣味は敬遠されて当然なのが普通と考えていい。

20150411_134946

上の写真は、1973年ごろの高校生オートバイ乗りの集合写真。左からスズキ・GT380、ホンダ・ドリームCB500Four、カワサキ・SS350マッハ2、カワサキ・W1スペシャル、ホンダ・ドリームCB450、ホンダ・ドリームCB750Four、ホンダ・ドリームCB500Four、ホンダ・ドリームCB500Four、ヤマハ・RX350と、250ccバイクが1台もなく、現役大型バイクを所有している。

物の”力”とインフレが無い現代だが、いくら安くスポーツ自転車を始めるにしても安い物には限度がある。そこで今回は、スポーツ自転車の最低価格を考えてみることにした。価格は税抜き価格とし、使用条件は通常の街乗り、サイクルツーリング、MTBなら未舗装路のスピードはあまり出さない林道走行という条件にする。

クロスバイクの最低価格は5万円台から

クロスバイクの部品は、価格の安くて普及しているMTB用部品を採用しているので、有名ブランドの自転車ブランドでも5万円台でスポーツ自転車趣味を始めることが可能だ。4万円台のモデルは店舗販売で購入できるモデルが、サイクルベースあさひやイオンバイクなどのプライベートブランドモデルしかなくなり、選ぶ楽しみは減る。

マウンテンバイクの最低価格は6万円台から

かつて、クロスバイクに安価なモデルがあまり無かったときは、マウンテンバイクがエントリースポーツ車としての代用になっていたが、クロスバイクが豊富にあるため、マウンテンバイクを買う人は、未舗装路を走るなどの明確な理由でマウンテンバイクに乗る人だと思う。マウンテンバイクは未舗装路を走るのなら6万円台からが最低ラインだろう。4~5万円台のモデルは街乗り向けの考えのモデルとなっている。フレームがOKでもサスペンションがバネしかない廉価品や、経験的に車輪の強度に?マークがつく(何れも部品のアップグレードで解消できる)

ロードバイクの最低価格は8万円台から

ロードバイクは、部品の汎用性が低いためか、必然的に高価な部品を使用することになるため、最低ラインが上がるため、8万円台がスタートラインになる。

最低ライン以下でも、エントリースポーツ車に相応しいモデルはあるが、車種選択の自由度は一気に下がる

最低ラインを下回っても、エントリースポーツ車はあるが、車種選択の自由度は一気に下がる。ブランドの選択肢が少ない、購入方法がリスクが大きいネットのみの販売方法や、自転車店のプライベートブランドモデル、サイズを少なくしたため、身長が低い人や高い人には合わない等がある。

4万円台以下の自転車は玉石混交。目利きができるかどうかで自転車を知っているかが決まる

有名ブランドが参入しない4万円台以下のスポーツ自転車は玉石混交となっている。安ければ安いほど本格的スポーツ自転車とは思えないモデルがある。4万円以下のスポーツ自転車は、通常の状態では本格的自転車趣味を行うには?なモデルがあり、安ければ安いほど?な自転車が増える。目利きができないのなら、安すぎる自転車は購入しないほうが無難。買うのならサイクルベースあさひやイオンバイクのプライベートブランドモデルには比較的外れは少ない。

複数台所有は最初から考えるべき

個人的には、できるのなら高い自転車を1台だけ持つよりも、エントリースポーツ車を2台所有するのを薦める。1つの自転車で色々なことをするのは難しいので、複数台を所有して、使用条件に合わせて自転車を使うのが良い。20万円の自転車1台よりも、3万円のプライベートブランドのクロスバイク(街乗り用)+5万円のクロスバイク(中距離用)+10万円のロードバイク(本格的に走る用)のほうが、自転車生活を広げることはできる。但しスペースの問題がある。

スポンサーリンク