ビーチクルーザーブランド「BLESS」のビーチクルーザーを見てみる

日本のビーチクルーザー専門ブランドのBLESSは、アルミフレームを採用していて、全車、重量は14~16キロ台のモデルが多く、ビーチクルーザーとしては比較的軽量なモデルをラインナップしている。またBLESSは多くのオプションパーツを販売していて、自分好みのビーチクルーザーを作ることが出来る。街乗り専門の自転車だが、個人的に面白いのでまとめてみた。

LCC 1s:¥41,000(税抜)

エレクトラ・タウニースタッカードのような、タウニータイプのビーチクルーザー。またぎやすさ、足つき性の高さとペダルの回し安さを両立したフレーム設計に見える。ギアは1速しか無いため街乗り用だ。後ろブレーキはコースターブレーキというもので、逆回転で漕ぐとブレーキがかかるという独特な機構だ。タイヤは24インチのMTBの並に太いタイヤを採用していて、26インチよりもタイヤ径は小さい。両立型センタースタンドを採用している。

・アルミフレーム、スチールフォーク
・前キャリパーブレーキ、後ろコースターブレーキ
・シングルスピード
・24×2.125

CCB 1s:¥40,000(税抜)

アメリカンバイク風のデザインを採用した通常タイプのビーチクルーザー。ギアは1速で後ろはコースターブレーキとなっている。フレームの特徴は、サドルの座面高が他社のビーチクルーザーより約5cm低くなっているので、比較的身長が低い人も乗れるとのこと。車体サイズは日本工業規格(JIS/D9111)にそったサイズ(全長、約185cm)になっている。幅広く見えるハンドル幅も約55cmと、意外と普通で、日常利用でも大丈夫そうだ。

・アルミフレーム、スチールフォーク
・前キャリパーブレーキ、後ろコースターブレーキ
・シングルスピード
・26×2.125

MAHILOW 1s:¥50,000(税抜)

後ろタイヤは24×3.0と、前輪(26×2.125)よりも、車輪径が小さくて太いタイヤを再用意sている。ブレーキは前後ローラーブレーキで、ブレーキレバーを握る通常のブレーキと同じ方式。ブレーキのタイプも高価なフィン付きブレーキとなっている。ギアはシングルスピードで1速しか無い。独特なハンドルはカットして使用するのが推奨されている。

・アルミフレーム、スチールフォーク
・ローラーブレーキ
・シングルスピード
・前:26″x2.125″、後:24″x3.0″

MAHILOW SPECIAL – raw -:¥69,000(税抜)

MAHILOW 1sの内装3段変速仕様。フレーム塗装はアルミの質感を重視するために、クリアコートのみとなっている。

・アルミフレーム、スチールフォーク
・ローラーブレーキ
・内装3段変速
・前:26″x2.125″、後:24″x3.0″

SHO 3i:¥61,000(税抜)

LCC 1sの上級モデルと言ってもいいモデル。ブレーキはローラーブレーキ、内装3段変速を装備していて各部をアップグレードしている。フレームカラーもMAHILOW SPECIAL – raw -のような、アルミフレーム素材の色を活かした物もある。

・アルミフレーム、スチールフォーク
・ローラーブレーキ
・内装3段変速
・24”x2.125”

スポンサーリンク