スポーツ自転車用の簡易スタンド一覧表

スポーツ自転車にスタンドを装着すると、フレームに傷がついたり、輪行するときに邪魔になったりする場合がある。今回は簡単に脱着できる簡易スタンドをまとめてみた。因みに、これらのスタンドは装着する自転車に限定がある場合が多いので注意が必要。また、あくまでも簡易式なので、日常利用で使うのなら、きちんとしたスタンドを使用したほうがいいのは言うまでもない。

TOPEAK フラッシュスタンド ファット

クランク先端に装着するスタンド。対応するクランクは、クランクアーム先端から60mmまでが幅45mm×厚さ21mm(スペーサー幅36mm×厚さ18mm)以下に対応しているとのこと。自分も使用しているが、個人的にはスタンドを装着する時が使いにくい。

アップスタンド

クイックリリース部分に金具を装着して、軽量なスタンドを磁石で装着することでスタンドにすることができる。価格の高さと、自転車側のエンド形状、クイックリリースのレバー形状によっては、スタンドが差せなくて取り付け不可な自転車も多いと言う意見もある。

ミノウラ PHS-1

スポンサーリンク