自転車比較論 Momentum INeed Z3/INeed Z3-Air

Momentumのクロスバイク「INeed」シリーズでスポーツ自転車入門モデルがINeedZ-3とINeedZ-3Airだろう。どちらとも前3段・後ろ8段の24段変速のクロスバイクで、ギア比やタイヤサイズは同じとなっている。埼玉サイクルエキスポで試乗が可能だったので、試乗して両車を比較してみた。

DSCN5251

DSCN5256

上の写真がINeed Z-3Air。4万円台クラスのクロスバイクでは軽量(11.3キロ)を売りにしたクロスバイクで、価格は 45,800円(税込)。下の写真がINeed Z-3。バーエンドバーやライトを標準装備して、お買い得を売りにしているクロスバイク。価格は40,937円(税込)

2台を乗り比べて感じた一番の違いは走りの軽さ。走りの軽さはINeed Z-3Airのほうが良い。Ineed Z-3のタイヤはKENDA K193(KWEST)でI need Z-3AirのタイヤはKENDA K1053(Kwick Trax)と違うタイヤがついているが、コスト的に考えて、ほぼ同クラスのタイヤだと思われるので、あの走りの感覚は車体(フレーム)が違うと考えるのが普通だろう。

IneedZ-3とZ-3Airでは、1クラス違いの走りがあると思う。Ineed Z-3は、スポーツ自転車の走りの基準に達しているが、他の自転車を知ると、どうしても見劣りする。類似した走りの雰囲気を持つのはライトウェイ・シェファードシティ。ただ、シェファードシティは、細かい部品はブランド名がついたものを採用している。Z-3Airは5~6万円クラスに肉薄するクロスバイクで、45,000円台で買えるのは安いと思う。

Z-3とZ-3Airでは5000円ほどの違いがあるが、個人的にはお金に余裕があるのならZ-3Airを積極的に薦める。

スポンサーリンク