ほとんどの自転車乗りは「速く走る」ことよりも「楽に走る」ことのほうが重要だ

DSCN3823

殆どの自転車メディアでは、自転車の走り方は速く走ることだけに注目することが多いが、一般公道を走行する殆どの自転車乗りは、速く走るよりも楽に走るほうが重要だと思う。一般の自転車乗りはレースに出る人は少ない。また、速く走ることは、結局の所は乗り手の限界を追い込まないといけない。自動車やオートバイで限界以上の運転をしたら、最終的にエンジンはぶっ壊れるのが普通だと思う。自転車の場合、エンジンは乗り手だが、限界以上の走りをすると、疲れすぎて走れなくなる状況になる。

自転車で楽に走る場合、簡単にできるのは楽に走ることだろう。また、楽に走る方法以外にも、サドルの高さを調節したり、ハンドルの角度を変えたり、ブレーキレバーの位置を変えるだけでも、楽に走ることが出来る。勿論部品交換でも楽に走ることができる時もある。

楽に走る方法で一番難しいのは、楽に走る方法には正確な回答が無いということだ。速く走るのは、最終的にはレースで勝つために必要で、お金になるので研究されているし、回答が明確なので分かりやすい。一方で楽に走ることは正確な回答が無く、競技みたいに勝ち負けが無いので明確な回答はない。更に楽に走ることが重視される公道は、多種多様な場面があるので、楽に走る回答は自分で探すこととなる。

レース系玄人様などがしたり顔で語る、レース系チューニングは、軸が明快でわかりやすい。
要するに高回転が伸びて馬力が出ればよいのだ。無論大雑把に言えば、の話だが。さらにあえて大雑把に言えば、フィルターなしでデカイキャブ、短いマニ、でかいポート、スカスカのマフラーでセッティングを出せばよいのだともいえる。
が、われわれ一般ライダーはそうはゆかない。コンビ二までのチョイ乗り、一日10Kmの通勤、200kmのツーリング、耐久性もほしい、燃費もいいほうがよい。しかも小排気量車だけあって、そもそもがやや高回転よりの運転になる、、、と、さまざまな条件が入り混じってしまう。

トルクと馬力の関係 大きな誤解は誰のせい? ( オートバイ ) – カブ系エンジンいじり 安く 速く 剛く – Yahoo!ブログから一部引用。

取り敢えず、楽に走ることを追求するには、最初に走り方の変更→各部ポジション調整→部品交換、が一番お金がかからない。このブログでは用途別自転車部品・カスタムで、どういう部品にすれば、こういう効果があるのか纏めていて、参考になるように努力しています。

スポンサーリンク