ドロップハンドル+フラット部分でのハンドレストで、アップライトポジションが増える

DSCN3802

Escape RX4は1つのハンドルポジションだけで、長距離を楽に走れる(実際に楽に走れたので驚いた)のなら、セカンドバイクのウメザワは、ドロップハンドルの利点と言われている、ハンドルポジションの多さをさらに強調させるために、ハンドルポジションを増やすことにした。

それは、フラット部分にハンドレストをつけること。一般的にハンドレストは、ギトネットレバーとセットで使用するのが一般的らしく、ハンドレストはドロップ部分に取り付け、ストッパーのように使用するのが一般的だけど、ランドナー進化論 ( 自転車 ) – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログでは、フラット部分にハンドレストを装着していたので、これは使えると思い、ハンドレストを購入して装備した。

フラット部分にハンドレストを装着した時の利点は、新たに手前にきたハンドルポジションができるので、アップライトなポジションで運転できるということ。フラット部分よりもアップライトポジションになるので、これはこれで楽に走れるし便利で、ドロップハンドルの可能性を広げる可能性がある。

欠点は、フラット部分にハンドレストを装着した部分に手を添えると、補助ブレーキレバーが届かないのでブレーキがかけられない。上記のサイトでは、通常の補助ブレーキレバーよりも、大型のギトネットレバーを採用しているので、恐らくギトネットレバーにしたほうが良いと思う。フラット部分でのハンドレストを行うのなら、通常の補助ブレーキレバーよりも大型なDixna ジェイクルーレバーを装着すればいいのかもしれないが、ジェイクルーレバーは装着できないハンドルがあるらしいので注意が必要だ。

スポンサーリンク