ロードバイクコンポで一番安いシマノ・Tourney A070はどうなのか

ロードバイクのコンポには上から下までグレードがあるが、一番安いので有名なのはシマノのTourney A070だろう。これより下のコンポでは台湾のSunrace R03等があるが、日本には入ってきていないので、日本で実質的にはシマノのTourneyが一番安いロードバイクコンポだろう。

Tourney A070は、主に5~7万円台のロードバイクに採用されているコンポだ。AEONBIKEのプライベートブランド「Momentum」のロードバイクに採用されていたり、海外ではORBEA・AVANT H70(日本未発売)などに採用されている。Tourney A070でラインナップされているのは、ブレーキ・変速レバー一体の「デュアルコントロールレバー」、リアディレイラー、フロントディレイラー、クランクセットしかラインナップされていない。Tourney A070で個人的に注目するのは、デュアルコントロールレバーとリアディレイラー、クランクセットで、各部品について調べてみることにした。

デュアルコントロールレバー(ST-A070・ST-A073)

シマノで一番安く買えるデュアルコントロールレバーで、かつてのシマノ・2300のデュアルコントロールレバーと同じデザインとなっている。ギアの位置がすぐに分かるオプティカルギアディスプレイがあるが、これもシマノ2300のデュアルコントロールレバーに採用されていた。リア変速は7段で、現在ではスプロケットの選択肢が少ない。変速レバーは親指で変速する部分があり、この方式だとブルホーンハンドルに変更すると、親指で変速する部分は普通に変速できない状態となる。

リアディレイラー(RD-A070)

最小トップスプロケット:11T、最大ロースプロケット:28T、トータルキャパシティ:37Tとなっている。一番気になるのが最大ロースプロケットが28Tで、MTB並に大きいギアに対応していない。シマノ・クラリスのリアディレイラーだと最大ロースプロケットは32Tで、MTB並に軽いスプロケットが装着可能で、普通の人にはクラリスのほうがいい。

クランクセット(FC-A070   FC-A073

ロードバイク用のクランクセットとしては安い。コンパクトクランク(50-34T)とトリプルクランク(50-39-30T)の2つがあり、それぞれに裾汚れ防止用のガードが装着されているモデルも有る。ギアの固定はリベット加工と書いてあるため交換はできない。塗装されているため普通に見ると鉄に見えるかもしれないクランク材質は実はアルミニウム。

シマノ・Tourney A070は、初心者向けのツーリング&レクリエーショナルロード風バイク用コンポらしいが、初心者向けとしてはギア比の選択肢が多いシマノ・クラリスのほうが初心者に向いている。Tourney・A070の問題点としては、クランクのギア選択ができない、リアディレイラーがMTB並に軽いギアが装着できない、デュアルコントロールレバーがブルホーンハンドルに対応せず、ドロップハンドルから脱却したいユーザーにとっては安価にハンドル変更できない。ハンドル変更に関しては、むしろ非デュアルコントロールレバーのA050・パームシフターのほうが自由度は大きい。

個人的には、Tourney A070が装着されたロードバイクを買うのなら、少しお金を出してリア8速のシマノ・Clarisなどのコンポがついたロードバイクを購入することを薦める。因みに、もし購入したとしても、自転車は比較的自分で弄れることができる貴重な乗り物で、いろんな部分のアップグレードがし易い。少なくとも、50CCのスーパーカブのエンジンを、100CCのスーパーカブの純正エンジン部品を流用して、排気量を上げるよりは、楽に部品のアップグレードはできるだろう。

スポンサーリンク