自転車店の人には懐疑的に見える電動アシスト自転車 ブリヂストン・アルベルトe

電動アシスト自転車初のベルトドライブを採用したブリヂストン・アルベルトe。アルベルトeの特徴は有名ブランドでは殆ど採用されていない前輪駆動システムを採用していることで、この機構はブリヂストンサイクルが独自開発した電動アシストユニット”BSデュアルドライブ”を採用している。

ネット上のプレス関係の評価は上々だが、この手のリリースで実際に電動アシスト自転車に精通している人がどのくらいいるのかがわからない。また、今までどういう電動アシスト自転車に試乗し、今現在どのような電動アシスト自転車があり、その違いがわかるのか、実際に試乗して車種名を具体的にあげて違いを言える人は殆ど居ないので(少なくても自分が読んだニュースサイトでは、具体的な車種名を上げて違いを書いている所はなかった。)この手の記事は読んでも無駄で、別のことをやったほうが良いだろう。

アルベルトeのインプレッションで一番わかりやすいのは恐らく自転車店の試乗だろう。探していたらアルベルトe登場: シンワブログを発見し、具体的な指摘があった。

アシスト力については、前輪駆動方式でアシスト力をフルに使える利点があるのにもかかわらず、2015年モデルの最新式電動アシストユニット搭載のパナソニックビビDXやエネモービルの方が、アシスト力は上に感じたということだ。ビビDXやエネモービルは、センターユニット・後輪駆動方式の電動アシスト自転車で、特にエネモービルはアシスト力モードが1つしかない等、あらゆる部分を割りきった電動アシスト自転車で、エネモービルよりもアシスト力が弱いのは、個人的にはどうなのかと思う。因みにアルベルトeと同じ前輪駆動システムのパナソニック・ビビチャージシリーズも、ネット上で登坂性能の悪さを指摘している。

因みに、ビビチャージシリーズには回生充電機能がついているが、この回生充電機能は、パナソニックはあまり力を入れているわけでは無いようだ。

現に回生充電に関しては、パナソニックですら
昨年末の発表会でほぼ触れる事すらなく
やや端の方でひっそりと展示だけがされていたり、
社員の方と話をした時も、「アレはまあ・・ね」
という含みで終わり、発展的な話はありませんでした。
(中立的な立場としてあえて書かせて頂きました。)

アルベルトe登場: シンワブログから引用。ビビチャージシリーズの回生充電機能や前輪駆動システムは、元はパナソニックに吸収されたサンヨーの電動アシスト自転車からの技術だったりする。

アルベルトe登場: シンワブログでは、前輪駆動システムは失敗作の烙印を押されている印象を持っているというシステムを採用したアルベルトe。電動アシスト自転車に調べてみると、従来型の電動アシスト自転車のほうが有利な部分があるので、どれだけ売れるのかが気になるところだ。

スポンサーリンク