街乗り系ファットバイク「Bronx」に、リア多段変速仕様が登場

日本での街乗り系ファットバイクで知られているBronxシリーズ。ラインナップは20インチ、24インチ、26インチ(いずれもシングルギア・スチールフレーム)26インチアルミフレーム、3×8段の多段仕様の26TRがあるが、自転車店では新たに登場したリアのみ多段変速モデルを販売しているところがあるようだ。

13ROCK(ヒサロック) 札幌 ビーチクルーザーパラダイスでは、販売価格は¥56.160で登場している新モデルのBronxは、フロントシングル、リア7段変速となっている。フレームは、溶接を見る限りではBronx 26TRのようなアルミではなくて、スチールのように見える。ブレーキは前後ディスクブレーキとなっているようだ。

一番の特徴はタイヤで、写真を見るとVEE TIRE Vee 8が装着されている。シングルギアモデルのBronx4.0は、WANDAというブランドのタイヤで重量は2930gと異様に重いが、VEE TIRE Vee 8はケブラービートの場合は1470gとWANDAと比べたら軽量なタイヤがついている。同価格帯の街乗り系ファットバイクは、よくわからないタイヤがついている一方、まともなタイヤがついているのは、他社の同価格帯の街乗り系ファットバイクと比べたら、大きなアドバンテージなのは間違いないと思う。

スポンサーリンク