ついに自社製電動アシストユニットを搭載した ブリヂストン・アルベルトe

通学用自転車として売り出されているブリヂストン・アルベルト。そのアルベルトについに電動アシスト自転車のアルベルトeが登場した。アルベルトなので、電動アシスト自転車初のベルト駆動を売りにしている(テスト販売ではブリヂストン・エベルトがあったとのこと。)が、一番注目するところは、ブリヂストンサイクルが自社開発した電動アシストユニットを搭載した電動アシスト自転車だということだと思う。因みに、普通の人が注目している両輪駆動や回生ブレーキは、前から存在していて、今でも有名ブランドでは、パナソニック・ビビチャージシリーズがある。

ブリヂストンの電動アシスト自転車には、ヤマハの電動アシストユニットが搭載されていて、ヤマハが搭載しているアシストユニットは、クランク近くの車体中心部に装着されているセンターアシストユニットで後輪駆動となっている。今回のブリヂストン・アルベルトeには、前輪にモーターが装着されていて、後輪は足で動かす両輪駆動となっていて「BS デュアルドライブ」と言うとのこと。ブリヂストンサイクル、フロントモーターを採用した両輪駆動の電動アシスト自転車「アルベルトe」 – Car Watchを見ると、BS デュアルドライブは、パーツの耐久性の問題で常に上限までアシストされない後輪駆動方式とは違い、BSデュアルドライブは全域で上限までアシストするのを謳っている。また、前輪駆動の場合、滑りやすい路面でアシストが作動した場合、前輪が空転し転倒の危険という弱点があったが、BS デュアルドライブは前輪の空転を検出し、アシストをカットしてスリップ制御をする技術もあるらしい。

そんなアルベルトeで疑問に思ったのは、登坂がどのくらい楽に上れるかということだ。前にサイクルモードで無名ブランドの前輪駆動タイプの安物電動アシスト自転車に乗ったとき、ゼロ発進で登坂が上れず、有名ブランドの格差を感じたが、アルベルトeを見て、なぜ有名ブランドの電動アシスト自転車はセンターユニットの後輪駆動を採用しているのか疑問に思い、前輪駆動の電動アシスト自転車ビビチャージシリーズの評判を調べてみた。

有名ブランドで前輪駆動の電動アシスト自転車のビビチャージの悪い評判で一番気になったのが、上り坂で力が弱いということ。各レビューを見ると、上り坂での体感アシストは弱いが、ギアと変速機が独立しているため上り坂では低速ギアにして回転数を上げることで、高速走行できる坂道では初期型のタフネスビビ(2001年型)と変わらない前車ビビSSで楽に登れていた家の裏の道約15メートル(約12%勾配)の後5メートルがとてもつらい試乗したヤマハパスナチュラXLスーパーと差がありすぎるなど、他車と比べている殆どのユーザーが登坂性能の悪さを言っている。

ビビチャージシリーズと同じ前輪駆動ながら規制の上限までパワーが出ることを売りにしているBS デュアルドライブは、実際のところは、どのくらいの性能があるかが気になる。ブリヂストン・アルベルトeのプレス試乗会では、登坂性能は良いと言っているが、他車の車種名を具体的にあげて比べているわけではないので、実際のところはわからない。電動アシスト自転車を調べてみると、下手な原付や自動車よりも当たりはずれが大きいので、試乗が大事だと感じている。もし機会があるのならブリヂストン・アルベルトeに乗ってみて、後輪駆動方式の電動アシスト自転車との違いを比べてみたい。

追記

自転車店の人には懐疑的に見える電動アシスト自転車 ブリヂストン・アルベルトe

実際のアシスト力はどうなのか? アルベルトeに試乗した 

スポンサーリンク