ついにパシフィックサイクルがスタート、「BD-1」は「Birdy」になる

BD-1を生産しているPacific CyclesとBD-1の輸入元のミズタニ自転車との2014年12月31日付で、日本総代理店契約終了し、2015年からは、カドワキカラーワークスの子会社の(株)ファビタ内にPacific Cycles Japan(パシフィックサイクルズジャパン)事業部を開設したとのこと。

「パシフィックサイクル」の日本拠点はファビタ内に開設、1/1付で代理店業務開始 Cycle Press/サイクルプレス

BD-1の取り扱いがミズタニ自転車から、パシフィックサイクルズになり、一部で疑問になっていたのが名称の問題。海外ではBD-1はBirdyの名前で売られている一方、日本ではスズキ・バーディーという、カブタイプのビジネスバイクの名前に使われていたため、日本ではBD-1という名前になった。そのBD-1の商標は、輸入元のミズタニ自転車が権利を持っていたので、名前がどうなるか疑問に思っていた人もいた。

さよならBD-1―Pacific Cyclesの新たな戦略 ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/ウェブリブログ

そんなBD-1だが、商標問題はクリアして、元のBirdyの名前で販売するらしい。因みにBD-1の名前問題で、あまり注目されていないけど、ブランド名もこのままで行くと、Rise and MullerからPacificブランドで売られる可能性が高い。

スポンサーリンク