なぜか似ている2台のファットバイク KHS 4seasonとBlue Point X7

今までは激安のルックと高価なモデルしかない状態だったファットバイクも、比較的安価なモデルが登場している。もっとも安価なモデルと言っても有名ブランドのエントリーモデルは「10万円以上のものが殆どだ。そんな中KHSの4-Seasonは一番安いモデルで税抜き価格で10万円を切るというお買い得なモデルとなっている。

そんなKHSの4-Seasonだが、ドン・キホーテで、似たようなモデルを見つけた。

大日産業が販売しているファットバイク「Blue Point X-7」はアルミフレームのファットバイクだがフレームの形がKHSの4-asonにそっくりで、フレームにはKHSと同じ場所に似たような4-seasonのロゴが入っている。

個人的には仮にKHSの4-seasonとBLUE POINT X7が同じだったとしても、本気で走るならKHSを選ぶ。KHSは日本でも売られていて一番安いモデルはほぼ10万円で買える一方、Blue Pointは6、7万円台とあまり変わらず、タイヤ、車輪関係の作りが違う。ファットバイクは安価な製品があまり無く、アップグレードが高価格になる。タイヤもまともなのが欲しい場合1本1万円となるので、本気でファットバイクをするのなら、最初から良いのを買ったほうがいいと思う。

スポンサーリンク