自転車の中古でお買い得なものを買うのは非常に難しい理由

良い自転車が比較的高価な理由は、軽量化と高性能化のため、クロモリやアルミ・カーボンなどの軽量な材質を使用し、チューブの位置で厚みが違うバテッド加工等の複雑な加工をしているのがあると思う。また、自転車はパソコンやスマートフォンなどの電子機器とは違い、工場で生産するとき、多くの人の手がいるので、この部分でも人件費がかかるのもあるのかもしれない。

Simフリースマートフォンの世界では、ついに1万円ちょっとで買えるスマートフォンが出てきて、かつてのIDEOSと比べると遥かに良い。一方で自転車の世界では、円安などの影響で良い自転車の価格は下がらない。ナショナルブランドのスポーツ自転車なら4~5万円台はないといけない。

そんなこんなで安く良い自転車を買うときに、人によっては中古品を買うのも考える人もいると思う。ただ、個人的に中古の自転車は高くつくと考えているので、買うなら新品のほうが良いと思っている。

IMG_1129

1つ目の理由は中古の価格が高いこと。自動車やオートバイは価格が非常に高価なため、中古になるとお買い得が高まる一方、スポーツ自転車は10万円以下のモデルが豊富にあるため、中古がお買い得になるとは決して言えない。また、中古の場合は何らかの整備が必要な場合があるため、整備代や部品代も必要な場合もある。整備代や部品代は安くないため、安さだけで中古自転車を買うと失敗する可能性が高い。

2つ目は、中古の良い物が非常に見つかりにくいこと。中古のスポーツ自転車を買う場合、中古自転車専門ショップだと価格は高め、リサイクルショップも今は自転車の価値がわかる人がいるので、安くないのが多い。ネットオークションでは競争があるので、どうしても安く買えない。個人的に競争が多いネットよりも実店舗のほうが安く買える可能性がある。自分が所有している中古の自転車はGIANT WARPとBD-1・ウメザワランドナーがあるが、WARPは、実店舗のリサイクルショップで入ってきた直後に本格的な価格表が出る前に購入し、BD-1は公営リサイクルショップで整備中に購入、ウメザワランドナーは前オーナーからの譲渡となっている。自分はネットで新品の自転車を買ったことはあるが中古は1度も購入したことはない。

3つ目はサイズがわからないこと。自転車のサイズは、服のサイズ選びとは違い特殊なので、普通の人はわかりづらい。新車だときちんとしたスポーツ自転車にはジオメトリ表というのがあり、その数値を参考にすればいいが、中古ではそういう情報が無いのが多い。また、新車だとスポーツ自転車はサイズが複数あり、選べることができる一方、中古だと1つしかないのがほとんどなので、サイズが合わないことが多い。

スポーツ自転車の中古を買うのはよっぽどの理由が無い限り、新車を購入したほうがいい。特に中古だと何かしらの癖がついているのもあり、それを直すのに時間やお金がかかり、最終的には新車のほうが良かったりすることもある。

スポンサーリンク