取り外し可能なサドルバッグを探す ORTLIEB編

長距離走行する時、荷物を背負うと体に負担がかかるので、基本的には自転車にバッグを装着し荷物を積載するのが普通。今回はORTLIEBの取り外し可能な大型サドルバッグについて調べてみることにした。

サドルバッグ L

・サイズ:H10×W23×D7/16cm
・容量:2.7L

サドルレールに専用金具を装着する取り外し可能な防水性がある素材で作られているサドルバッグ。公称容量は3L以下と言われているが、実測で5L以上あると言われている。内部にはナットが飛び出ていて、ナットやネジを交換して容量を増やすのが定番となっている。

参考として、ネット上ではどんなのを入れられるのかを調べてみた。

オルトリーブ(L)サドルバックにどれだけ入る? | 思うままに。。。ルルルルルルルル。。。。

タオル一枚、ハンディタオル一枚、温泉セット。レインジャケット、ロキソニン湿布、エアーサロンパス大、チューブ3本、シャーミークリーム、黒い工具セット、パンク修理キット、予備グローブ。反射ベスト。

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグLが良い感じ! | 折りたたみ自転車♪ YAMAHON(ヤマホン)で行こう!

輪行バッグ、予備のチューブ、携帯工具、鍵、財布、デジカメでスカスカ

ORTLIEB サドルバッグL – サドルバッグ – サイクルベース名無し:自転車レビューサイト

雨具(上下、シューズカバー)、ワイヤーロック、ヘルメットライト、輪行セット、折りたたみ枕、エマージェンシーシート、電源類

各種工具、オイル、チューブ×2、レインウェア上下、ウィンターグローブ、ウィンターシューズカバー

ロードバイクで自転車通勤ブログ。: 念願の手ブラロードバイク通勤!大容量ORTLIEB サドルバッグ Lの改造と運用方法。

弁当箱、財布、名刺入れ、小物ポーチ(鍵や薬、ティッシュ等)、着替え(シャツ)、汗拭きタオル

シートポストバッグ M

・サイズ:H14xW35xD15cm
・容量:4L
・シートポスト対応経:25.4~34.9mm
・耐荷重:2.5kg

サドルバッグLがサドルレールを使用する一方、シートポストバッグは、シートポストに取付部を装着する方法となっている。取り付け部分はアジャスト式で様々な太さのシートポストに対応。カーボンシートポストには対応していないので注意が必要。防水仕様となっていて、バッグ上部にはゴムバンドがあるため、荷物を括りつけることも出来るとのこと。

参考として、ネット上ではどんなのを入れられるのかを調べてみた。

一泊二日ならこれで充分!「オルトリーブ シートポストバッグ」: バイシクルセオ川口店へようこそ!

トピークのミニモーフ、700×23cのチューブ一箱、携帯ツール、タイヤレバーとパンク修理キット、レインジャケットとレインパンツ、輪行袋

ORTLIEB シートポストバッグM – サドルバッグ – サイクルベース名無し:自転車レビューサイト

輪行袋と輪行金具(オーストリッチ製ロード220)、秋冬用グローブ、レッグウォーマー、コンパクトなウィンドブレーカー、携帯工具、チューブ2本

シートポストバッグMとサドルバッグLは容量がほぼ同じとのこと。ORTLIEB シートポストバッグM – サドルバッグ – サイクルベース名無し:自転車レビューサイトで比較記事があるので、興味がある人は注目だ。

スポンサーリンク