腕に巻くバンド型バックミラー REARVIZ アームミラー

DSCN4222

東京サンエスのブースで自転車に試乗するときに、腕バンド型のアームミラーをつけてもらった。REARVIZ アームミラーという自転車用のバックミラーで、多くの自転車でよくある、車体に装着することによって後方を確認するのではなくて、腕につけるバックミラーだ。実際のレビューは以下のサイトが詳しいと思います。

REARVIZ買ったのでこれで後方視界が良好になる

個人的にこのミラーを使用した感じとしてはなかなかいいと思った。通常の自転車に装着するバックミラーは、主にハンドルに装着するため、走行中の振動でミラーが揺れたり、ネジが緩んでしまう問題がある。また、万が一転倒するとミラーの取り付け部分が折れてしまう問題もあるが、REARVIZ バックミラーは恐らくこういう問題は無いだろう。REARVIZバックミラーで、走行中に見ても、振動で見えにくいことはなかった。また、腕に取り付けるため、ミラーの調整が自由に効くのも利点の1つで、これが通常のバックミラーだと、取り付け場所が制限されて調整が難しい問題がある。

気になったのは、ミラーが大きいためか、全体的に大きく感じたことと、税抜き価格で3980円と自転車用ミラーとしては高いということだ。ただ、自転車が何台あってもバックミラーは1つですむ。例えば自分は自転車を6台所有しているが、1000円のバックミラーを全車に取り付けた場合6000円になり、REARVIZのバックミラーを買ったほうが安くすむ。また安いバックミラーは、ちょっとしたことで壊れて消耗品になるが、REARVIZ バックミラーは、そのような問題は無いと思われる。個人的にはいつかは買う予定だ。

スポンサーリンク