いまどきのエントリーMTBのサスペンションはどれだけ進化したか?(SRサンツアー・XCM編)

DSCN4262

安価なエントリーモデルのサスペンションはあまり注目されていないため、どのようなサスペンションなのか知っている人は少なく、確実性がある評価もあまり聞かない。今回のサイクルモードでは、26インチの折りたたみ自転車のMontagueに試乗したみたら、SR SUNTOURのXCM HLO-DSが装備していた。XCMは6万円から8万円クラスのマウンテンバイクに装着されているサスペンションフォーク。低価格のマウンテンバイクやクロスバイクに装着されているサスペンションフォークは、SRSUNTOURの物が殆どなため、他ブランドのエントリーマウンテンバイクでも参考になると思う。

XCMには、多くの種類があり只のXCMやHLO・MLOなどと付いているものもある。HLOは、恐らくHydro lockout(油圧式ロックアウト)の略かもしれない。

今回、試乗したコースには砂利道のようなものは、ない一方で、ラダーコースがあり走行してみた、今までの安価なエントリーマウンテンバイクは、経験的に推測してサイクルモードのようなラダーコースを走ると、サスペンションの内部にバネしか無いためか、サスペンションの稼働量が少なく、サスペンションはあるだけ良いというレベルだと思えば良いと思う。バネだけなので、サスペンションの稼働量を増やすと、一気に縮んでしまい、危険なのでバネを硬くしているため、オフロードではサスペンションがあるだけ良いというレベルなのかもしれない。また、サスペンションが動くときの感触も荒く感じた。

XCM HLOの場合、バネだけの安物サスペンションとは違い、サスペンションの動きは硬くなく、しっかり動いているように感じた。ラダーコースのゴツゴツも、サスペンションが動いていて、サスペンションが動くときの感触も滑らかで安物とは雲泥の差があった。また、サスペンションのロックアウト機構をかけると、サスペンションの動きが固定されて、舗装路でも比較的楽に走ることができる。

個人的には、マウンテンバイクを林道などのオフロードコースで 走るのなら、最低でも6万円クラスは欲しい所。4万円のエントリーマウンテンバイクで実際に走っていたので言えるけど、フレームが頑丈でも、ブレーキやサスペンションの性能が低いので、オフロード走行にはある程度のリスクがあると思ったからだ。

逆に今の6万円から8万円クラスのエントリーマウンテンバイクは、性能が高いことがわかった。このクラスのマウンテンバイクでも、ディスクブレーキやロックアウト機構つきサスペンションが付いていて、立派なマウンテンバイクだろう。

スポンサーリンク