試乗してわかった有名ブランドのクロスバイクと安物クロスバイクルックの違い

DSCN4096

今回のサイクルモード2014では、Airbikeというブランドの自転車があり試乗してみることにした。Airbike(rss-7003)は2万円で購入できるクロスバイクで、所謂本格的スポーツ自転車に見せているが、性能が低いルック車だ。今までルック車といえばマウンテンバイクルック車しかなかったが、スポーツ自転車ブームの影響で多くのルック車が登場している。多くの自転車マニアは注目しないルック車だが、自分はこういう自転車にも興味があるので試乗してみることにした。

Airbike rss-7002は車輪の固定がナット式だったりしていて、各部のレベルは有名ブランドの本格的なスポーツ自転車のレベルに達していないルック車だ。サイクルモードの試乗コースを走った感想としては、最初は意外と走ると思った。マウンテンバイクを真似たマウンテンバイクルック車は、無駄なサスペンションが装備し重量を重くし、路面抵抗が大きい太いタイヤを履いているためだと思うが、クロスバイクルック車はサスペンションが無く、タイヤが細いため走りは軽くなり、下手な安物ママチャリより走りが軽いのだと思う。

走りの軽さは本物スポーツ自転車を知らないのなら納得できるが、走っていくうちに走りは軽いがスピードが伸びないことに気づいた。素人レベルでも感覚的に本物のスポーツ自転車と較べてスピードが出にくく、Dahonのボードウォークよりも劣る。恐らく今回試乗した自転車の中で悪い部類に入る。

一番危険なのはスイッチみたいで効かないブレーキだ。ブレーキは前後ともシティサイクル用デュアルピボットキャリパーブレーキを採用している。但しブリヂストンやパナソニックのシティサイクルに使われるような物ではない。このブレーキの効きが悪く、サイクルモードの試乗コースの流れに乗ってブレーキをかけると、ブレーキが効かなくて非常に危険だと感じた。またブレーキの感触もON・OFFのようなスイッチのような状態に近い。

Airbike bicycle-rss7003のようなルック車は、サイクルベースあさひやAEONBIKEなどで、安価な自転車が登場している今、特に買う価値はない。Airbikeのクロスバイクで似たようなものと言えば、サイクルベースあさひのWEEKEND BIKESがあり、約1万円ほどの違いがあるが、自分ならWEEKENDBIKESを選ぶだろう。ネット通販で売られている96パーセント以上のルック車はこのような物だと思っていい。

スポンサーリンク