[自転車試乗]柔らかいサドルが魅力のクロスバイク ライトウェイ・シェファードシティ

DSCN4075

サイクルテラスコレクションで試乗した自転車の1台がライトウェイのクロスバイク「シェファードシティ」。税抜き価格49800円のクロスバイクで比較的安価に購入できる。取扱店もスポーツ自転車専門店から、シティサイクル中心の街の自転車店、自転車チェーン店、一部ホームセンター等、幅広い店で購入できるスポーツ自転車となっている。かつては街の自転車店で購入できたGIANT等のスポーツ自転車専門ブランドが取扱店規模を縮小し、販売店を減らしている中、どこでも購入できるスポーツ自転車は意外と貴重になっている。

シェファードシティのジャンルは前サスペンションが無いクロスバイクで、タイヤ幅も32ミリとやや太く舗装路を高速で走るよりも、街中の段差にもある程度ラフに使っても対応できるようになっている。試乗コースはサイクルテラスの試乗コースで、道が良くて短いコースのため、実際の走りはわからないに等しい。乗った感じは舗装路を高速で走るならGIANT Escape RX4(標準仕様)のほうがスピードは出やすいと感じた。

良いと思ったのはサドルで、シェファードシティのアピールポイントとなっている。マシュマロサドルとも言っているこのサドルは、デザインは細身で固そうなスポーツ自転車用サドルに見えるが、実際に乗ってみると面白いほど柔らかくお尻に変な硬さは感じなかった。少し試乗した感じでは安物サドルにある腰砕け感は感じない。1日300キロ等の長距離使用はわからないが。街乗り等の普通に使う分には悪く無いと思う。

個人的に試乗した感覚だと、シェファードシティはスタイルはスポーティだが、価格は安価で、舗装路の走りは限界まで追求せずスポーティで少し太いタイヤや柔らかいサドルで、乗り心地を良くして、初心者に乗っても変な違和感が無いようにしているように感じる。比較的汎用性が高いため、スタイルで購入しても悪くないクロスバイクだろう。

RITEWAY SHEPHERD CITY

・6061アルミフレーム/軽量スチール、エアロブレードフォーク
・Shimano BR-T4000Vブレーキ
・Shimano FC-M131, 42×34×24T, チェーンガード付(前)Shimano, 12-32T 8-speed(後ろ)
・Weimann ZAC20リム(車輪)Kenda K-193 700×32C(タイヤ)

2014年モデルで登場したRitewayのクロスバイク「シェファードシティ」の2015年モデル版。ギア比は前後ともMTB用のギアを採用していて、軽いギアが標準標準装備されている。スポーティなスタイルとは裏腹に、耐パンク・乗り心地対策のために少し太くした32ミリ幅タイヤと、柔らかいサドルを装着し、スポーツ性と汎用性を両立している。

スポンサーリンク