実は実用性も高いヘルメットアクセサリーバイザー KOOFU Bit Visor

一部の街乗り用ヘルメットには、帽子のツバがついたようなバイザーが装着されているヘルメットがある。今までは、そのようなヘルメットを手に入れる場合、ヘルメットを買わないといけなかったが、KOOFUというブランドから、Bit Visorというアクセサリーバイザーが登場し、安価にできるようになった。

対応しているヘルメットは、KOOFUブランドではWG-1、OGK KabutoではZenard, MS-2, STEAIR, REGAS-2, REGAS-2 LADIES、FARO, FIGO, FM-8, FR-1, FR-KIDS(子供用)などがある。実際に購入したものを見てみると、取り付け方法は基本的にヘルメット内側の面ファスナー部分にBit Visorのパッド部分を取り付けるという簡単な方法。そのため、推奨ヘルメット以外のヘルメットにも、Bit Visorを取り付けるのは簡単だと思う。

このBit Visorはファッション以外にも、おでこに当たる部分のパッドが大きいため、汗を吸い取りやすいのと、ヘルメットの硬い部分におでこが当たる不快感が和らぐ効果がある。特に後者は、意外と気になる物で、通常のパッドだと接地面が少なくてパッドが薄いので、不快感がある場合が多いが、Bit Visorはパッドが大きくて厚みがあるので不快感が少ない。

自分が使用しているヘルメットとBit Visorをつけるとこんなかんじになる。ヘルメットはOGK KabutoのFM-8のマットブラック。丸いヘルメット形状とBit Visorのおかげで、Bernのヘルメットみたいな感じになっている。

20141031_213642

このBit Visorはファッション目的で使ってもいいし、実用性も高いので、個人的にはおすすめの一品。比較的安価で多くのヘルメットに装着できるので、試してみて損はないと思う。

スポンサーリンク