独特なフレームデザインはホダカの意地か Khodaa-Bloom Canaff 700

安価なスポーツ自転車が購入できることで有名なKhodaa-Bloom。Khodaa-Bloomのクロスバイクの中で安価なクロスバイクの1つにCanaffというのがある。極端にフレームの三角形を小さくした独特のフレームデザインは、実はKhodaa-Bloomブランドを持っている企業「Hodaka」が昔から採用していたデザインだったりする。東京国際自転車展2004では、ホダカがZEENというブランドで、Canaffの原型となったフレームがあったり、初期のKhodaa-Bloomでは、この形のフレームを中心として売っていたようだ。10年もこのフレーム形状をラインナップしているのを見ると、ホダカの意地みたいなのを感じる。因みに、中国ではMomentumのiRide(爱帅)A8iRide(爱帅)1600でCanaffみたいなデザインのフレームの自転車がラインナップにあるようだ。

Canaff 700 ¥44,000+税

・AL 6061 EASTフレーム/アルミフォーク 1-1/8 クロモリコラム
・SHIMANO BR-M422Vブレーキ
・前44/32/22T-後ろSHIMANO CS-HG31 8S 11-32T
・135mm(リアハブ)CST C-1446 700×40C(タイヤ)

独特なフレーム形状を採用しているKhodaa-Bloomで一番安いクロスバイク。タイヤ幅は40cと太く、スピードよりも安定性重視で比較的オールマイティに使えるようになっている。税抜き44,000円ながら、サイドスタンドは標準装備し、ブレーキはシマノのBR-M422を採用していたり、ブレーキレバーとシフトレバーが別体式になっているのは珍しい。ギア比はMTB並に軽いギアを採用している。サイズと使用条件が合えばお買い得なクロスバイクだ。

スポンサーリンク