店舗販売限定 3万円台で購入できるスポーツ自転車一覧表

物価高と、大手有名スポーツ自転車ブランドが、低価格帯のスポーツ自転車の殆どを高性能化したため、3万円台で買えるスポーツ自転車の殆どは、プライベートブランドが多いのが現実だ。 3万円台のスポーツ自転車は、当たり外れが大きいく、物価高の影響と価格だけを上げて素人を騙すような自転車がある。 有名ブランドのエントリーモデルのスポーツ自転車との違いは、やはり性能だと思う。一番の問題は車輪で、大手有名スポーツ自転車のエントリーモデルと比べると弱い可能性が高い。体重が重い、荷台に荷物を積んて長距離を走るのなら、車輪交換を前提にするか、車体価格を上げるべきだろう。 今回は店舗販売限定で買える3万円台のスポーツ自転車を探してみた。

サイクルベースあさひ シェボートレッキングアルミ(税込み34,800円)

前傾姿勢になりにくく、タイヤ幅がシティサイクル並にある。泥除け、スタンドが標準装備で、実用性は比較的あり、シティサイクルからの乗り換えでも違和感は少ないだろう。高価なモデルとの致命的な違いはフロントサスペンションで、高価なモデルはバネの余分な動きを減らすダンパー機能がついているが、シェボートレッキングアルミにはついていない。また、サスペンションの調整機能もない。詳しくは自転車解説 サイクルベースあさひ・シェボー

サイクルベースあさひ エキパージュシティ(税込み34,800円)

最初からスリックタイヤになっている街乗り用MTB。サスペンションはシェボーと同じメーカーの街乗り用サスペンションを採用している。アルミフレームで、車輪が簡単に取り外し可能になっていて、シェボートレッキングアルミよりはスポーティな自転車となっている。詳しくはスリックタイヤを装着した街乗りMTB。サイクルベースあさひ・エキパージュシティで。

GT PALOMAR(36,800円)

有名スポーツ自転車ブランド「GT」の一番安いMTB。フレームはスチールのためか、重量はエキパージュシティより1キロほど重い。その他の部品スペックはエキパージュシティとあまり変わらないようになっている。

ネット通販だと安いスポーツ自転車はあるが、店舗で買える安いスポーツ自転車でそれなりに使えそうなのは非常に少なくなってきた。購入する場合、走行する場所が舗装路なら、タイヤが細くて比較的軽快な走りをするクロスバイクの方がいい。MTBに関しては本気でオフロードを走るなら、車輪の耐久性、ブレーキの効き、サスペンションの性能を考えると不安になる。もし自分がオフロードを本格的に走る場合、どんなに安くても最低6~7万円クラスのMTBを買うと思う。

スポンサーリンク