暑さと寒さが交わる秋の防寒対策を考える

秋になると段々寒くなる一方で、偶に温かい日もあり、暑さと寒さが入り混じる日が多くなる。秋の防寒対策は、冬みたいに着こんだり、高価な防寒グッズを買う方法よりも難しい場合がある。

冬だと寒い日しか無い一方、秋だと暖かい時と寒い時が入り交じっている場合が殆どなのが特徴となっている。暖かい日でも、早朝だと寒く、昼ごろだと暖かくなり、夜に近くなると寒くなり、街中だと暖かく、山を登ると寒くなる等、完全防寒装備で行くと、暖かい日や街中では暑さに悩まされ、暖かい日に合わせると、山や早朝等の寒い場所で風をひいてしまい。後々で困る場面がでてしまう。

自分流の秋の防寒対策は2つあり、1つ目は雨具(レインコート)。雨具は風を通さないのでヤッケ代わりに使える。普通なら雨具よりもホームセンターで売られているヤッケを防寒対策に使えばいいと思うかもしれないけど、ヤッケは雨具としての機能がないので、防寒と雨対策を兼用できる雨具を使用している。特に秋ぐらいだと、山から下るときに必要になり、調子に乗って雨具を使用しないで下り、次の日に風邪を引くことになる。安いものでもいいので買っておいた方がいい。

2つ目はアームカバー、レッグカバー類。

腕や足を暖かくさせるレッグウォーマーやアームウォーマー。自分は起毛タイプのアームウォーマーは持っていて、冬の日に使用したことがあるが、意外と使えると思った。特にいいのはすぐに着脱可能で場所を取らないということで、秋の時期ならいいと思う。今だとネット通販で安い物があり、自分も試しにアームウォーマーも購入して試してみるつもりだ。

スポンサーリンク