自転車保険のまとめを考えている所です

最近注目されている自転車保険だが、どういうのがあり、特徴について詳しく調べないといけないので大変なため、自分なりにまとめてみようとしている。まず、まとめの内容としては最低でも、このぐらい挙げられます。

・死亡、後遺障害

・入院一時金

・入院保険金(日額)

・手術保険金

・通院保険金(日額)

・個人賠償責任

・法律相談費用

・弁護士費用

・その他サービス

そして、保険についてはどのような条件で保険が受けられるのかというのが問題になる。例えば、サイクリングイベント等での事故では、保険を受けることができるのかが気になるが、多くのまとめでは、こういう所に触れている所はない。これらの部分は約款をみないといけず、時間は確実にかかるので、のんびりとやっていきます。

また保険によっては、保険によって後遺障害等級で、ある以上ないといけない物もある。後遺障害等級は1級から14級まであるらしく。TSマークは後遺障害1級~7級までの場合のみ支払われる。因みに、後遺障害等級1~7級は以下のような感じです。

後遺障害等級1級

1 両目が失明したもの
2 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
3 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
4 両上肢の用を全廃したもの
5 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
6 両下肢の用を全廃したもの

後遺障害等級2級

1 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
2 両眼の視力が0.02以下になったもの
3 両上肢を手関節以上で失ったもの
4 両下肢を足関節以上で失ったもの

後遺障害等級3級

1 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
2 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
3 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5 両手の手指の全部を失ったもの

後遺障害等級4級

1  両眼の視力が0.06以下になったもの
2  咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
3  両耳の聴力を全く失ったもの
4  1上肢をひじ関節以上で失ったもの
5  1下肢をひざ関節以上で失ったもの
6  両手の手指の全部の用を廃したもの
7  両足をリスフラン関節以上で失ったもの

後遺障害等級5級

1 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
2 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
3 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
4 1上肢を手関節以上で失ったもの
5 1下肢を足関節以上で失ったもの
6 1上肢の用を全廃したもの
7 1下肢の用を全廃したもの
8 両足の足指の全部を失ったもの

後遺障害等級6級の例

1 両眼の視力が0.1以下になったもの
2 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
3 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
4 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
5 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
6 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
7 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの

後遺障害等級7級の例

1 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
2 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
3 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
4 神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
6 1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの
7 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
8 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
9 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
10 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
11 両足の足指の全部の用を廃したもの
12 女子の外貌に著しい醜状を残すもの
13 両側の睾丸を失ったもの

後遺障害等級の種類 – 弁護士による交通事故の無料相談:長瀬総合法律事務所から引用。問題は、保険内容をまとめるとき、これらの内容を如何にしてまとめるのか。ただ単に、まとめただけでは、内容が多すぎて、URLを貼っただけでは薄すぎてしまうので、何かしら考えないといけない。

自転車保険は、まだまだどういうふうに内容を紹介するのか、研究しないといけないので、自転車保険のまとめは少し時間がかかります。

スポンサーリンク